ここから本文です

子どものころから一緒に育ってきた姉妹。ケンカをするときもありますが、女同士だからこそ「よかった」と思えるときもありますよね。女性の皆さんに姉妹でよかったと思える瞬間を聞いてみました。

サムネイル

■恋愛相談ができるとき
「10歳離れた姉がいます。私よりも恋愛経験が豊富だし、いろいろと客観的に意見をもらえています」(25歳/会社員)

 恋愛の相談ができる人は限られますよね。姉妹なら自分のことをよく知っていますし、親身になって聞いてくれそう。

■服やバッグの貸し借りができるとき
「体形も同じくらいだし、好みも似ているから服やバッグの貸し借りをしています。お互い気に入った服があれば、どちらかが購入。貸し合えば出費が減るし、たくさんの服を持っている感じでお得です」(27歳/会社員)

 洋服代はかさむもの。姉妹で貸し借りできれば、それだけお金も浮きます。浮いたお金でまた洋服が買えるのでいいですね。

■遠慮無く言ってくれるとき
「鼻毛がでているとか、服のセンスが悪いとか、友達から指摘されにくいことでもズバッと言ってくれるのが助かります。姉妹だから遠慮がいらないです」(29歳/会社員)

 友達同士では言いにくいことってどうしてもありますよね。姉妹だと遠慮無く言い合えるので、とても助かりそうです。

■「子どもを産まなきゃ」というプレッシャーが減るとき
「まったくプレッシャーがないわけじゃないけれど、姉が先に結婚して子どもを産んでいるので、『早く孫を』という親のプレッシャーが少ないから助かります」(29歳/主婦)

 結婚や出産に関してはそれぞれのペースがあるものの、親としては早く孫を見たいという方もいます。どちらかが先に産んでいると、少しは楽になるかもしれませんね。

■体や病気の相談ができるとき
「生理のこととか、女性特有の病気とか、そういったことを相談しやすい。母親でもいいけれど、あまり心配をかけたくないから身近な姉妹がいい」(25歳/会社員)

 デリケートなことはなかなか話しにくいものです。母親に心配かけたくないという気持ちもあるのなら、姉妹に話すのがいいかもしれませんね。

■親の病気や介護のときに助け合えるとき
「親が病気になったときや介護が必要になったとき、一人じゃつらい。姉妹がいると助け合えるので心強いです」(30歳/会社員)

 大切な親のことでも、一人だと負担が大きいですね。姉妹で支え合えれば、これ以上の安心はありません。


同じ女同士、話し合えることも数多くあるもの。友達とはまた違った絆があり、かけがえのない存在ですよね。せっかく姉妹として生まれてきたのですから、お互いを大切にしていきたいものです。

(神之れい+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ