ここから本文です

年ごろになると、親族や友達から「結婚はまだ?」なんて言葉をかけられるもの。しかし、「そんなの関係ない!」と、独身を謳歌(おうか)する女性もいます。
20~30代の独身女性に、「一生結婚できなくてもいいや」と思った、至福のひとときを聞いてみました。

サムネイル

■週末のドラマ&ビールタイム
「週末、缶ビールを飲みながら撮りためた一週間分のテレビドラマを見ているとき」(31歳/アパレル)

 一週間分の仕事の疲れとストレスを、お酒を飲みながらダラダラすることで解消しているという彼女。日々の家事に追われる主婦にはできない、ぜいたくな時間の過ごし方!

■ガールズトークを楽しんでいるとき
「女友だちと一緒にいるとき。特に、彼氏のいない年上女性とお酒を飲んでいるときは『この人たちも大丈夫なんだから、私もこのままで大丈夫だろう』という安心感も得られます(笑)」(28歳/広告)

 結婚する前とした後ではガールズトークの内容も変わってくるもの。今しかできない会話を楽しんでいるときは「このままがいい!」と思ってしまいそうです。

■自分のためだけに稼ぎを使えるとき
「結婚した友達の家計が苦しそうなのを見ると、好きなものを自由に買える独り身の良さを実感する」(30歳/出版)

 友達には悪いけど、自分のために使えるお金が多いに越したことはないですからね。

■子どもがいなくても......
「甥(おい)っ子、姪(めい)っ子を自分の子どものようにかわいがっているとき。兄弟が子どもを産んでくれたことで、親に『孫の顔が見たい』とプレッシャーをかけられることもなくなったし......」(27歳/証券会社)

 我が子同然にかわいい子どもがいるために、自分が結婚する意味をあまり感じなくなったそう。

■力仕事も一人でこなせるようになったとき
IKEAのタンスを一人で組み立てられたときに、『独身でも生きていけるな』と達成感を感じた」(31歳/医療)

 他にも、「高い位置にある電球を自分だけで交換できたとき」(26歳/銀行)、「出張から帰ってきて、クタクタなのにスーツケースを持ち上げて一人でマンションの階段を上りきったとき」(30歳/旅行)など、男性顔負けの力を発揮できた瞬間に、結婚の必要性に疑問を感じる人が多いようです。

■いつでも自由に海外旅行できるとき
「年末年始でも弾丸でも自由に海外旅行に行けること」(28歳/営業)

 「自分のスケジュールさえ空いていれば、いつでも旅行に出発できる!」というのは独身の特権です。

■だらしない生活がやめられないとき
「友達と夜中まで飲んで、酔っぱらったままそのままベッドに寝っころがり、目が覚めたら翌日の昼過ぎだったとき。旦那なんかがいたら文句ばかり言われそう」(33歳/IT)

 この生活を結婚後も続けたら......。旦那さんに怒られる姿が目に見えます。

■男遊びがやめられないとき
「男性と遊ぶ約束で手帳がキレイに埋まったとき」(28歳/不動産)

 男性からひっぱりだこの彼女は、まだまだ家庭に落ち着く気配がないようです。


女性が自立して社会で活躍するのは当たり前。もしかすると"結婚=幸せ"という考え方はもう古いのかもしれません。「時間や稼いだお金は自分のために使いたい」そんな、自由に我が道を突き進む女性たちが増えてきているのを感じました。

(テラオカヒトミ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ