ここから本文です

5月16日、日の丸Tシャツにロボットを従えて来日したポール・マッカートニーさんですが、残念ながら体調不良により日本で予定されていた全日程のライブが中止となりました。体調を心配するとともに、楽しみにしていたファンは残念な気持ちを抱いているのではないでしょうか。
過去のライブDVDを見て楽しむのはもちろん、どうせなら他の楽しみ方も探したいところ。

そこで、さまざまなCDジャケットをお弁当にできる、ジャケ弁(※)職人のオバッチ先生に、『ライヴ・イン・レッド・スクウェア』のジャケ弁を作ってもらいました。

サムネイル

―(※)ジャケ弁とは......
CDジャケットを弁当にする職人芸。ロックファンのオバッチ先生が、音楽への偏った愛情を注ぎこんで作成しています。これまでに作成したタイトルは150以上。

■食材
ご飯......長方形のお弁当箱に敷き詰められる量
梅肉......適量
焼きのり......適量
のり佃煮......適量
とろろ昆布......適量
ゆかりふりかけ......適量
卵......1個

1.
サムネイル
長方形のお弁当箱を縦にして使います。ご飯をお弁当箱に入れ、上からラップをかけ、ラップの上から手で押し、平らにします。

2.
サムネイル
梅肉をご飯の上に塗ります。

3.
サムネイル
焼きのりをポールの形にカットして配置す。

4.
サムネイル
ジャケットをよく見ると、赤の中にうっすら何か見えます。これはロシアの赤の広場にある有名な聖ワシリイ大聖堂の一部。

ここには、のり佃煮を使いましょう。絵を描くような感じで、梅肉を塗った上にのり佃煮で大聖堂の形を描いていきます。

5.
サムネイル
カマボコを腕・顔のパーツに薄くカットし、配置します。さらに細くカットしたカマボコで洋服のしわ部分を作ります。

6.
サムネイル
続いて、少量のとろろ昆布を髪と腕の部分に配置し、顔の部分にゆかりふりかけをふりかけ、グラデーションを表現。
カマボコを文字の形にカットし、カットが終わったら文字間違いがないかを確認、配置します。

7.
サムネイル
最後に薄い焼き卵を星形にカットして完成です。

サムネイル

■オバッチ先生からの一言アドバイス

ほかのおかずは小分けの保存容器など別にして、持参しましょう。そうすれば、ジャケットの世界観をより忠実に再現できます。ポールの体調が早く良くなりますように!

■今回のジャケットの豆知識

ビートルズ解散後も世界中でライブを行っているポール・マッカートニーさんのライブの様子は、さまざまなDVDに収められています。

中でも注目度が高いのは、2003年にモスクワの赤の広場で開催された『ライヴ・イン・レッド・スクウェア』。ソ連時代、ロシアではビートルズの音楽を聞くことが禁止されており、『ライヴ・イン・レッド・スクウェア』では解禁となったロシアでのライブやドキュメンタリー映像などが収録されています。

こんなすてきなお弁当を作れば、きっと公演が中止になって落ち込んでいる家族や友だちを明るい気分にさせてあげられるはず。ポール・マッカートニーさんが早く回復されるのを祈りつつ、お弁当を作りたいですね。

■オバッチ プロフィール

本職はデザイナー、料理の腕は普通、工作は得意な「ジャケ弁職人」。
ときどき「オトトイの学校」にて料理教室の講師をやっています。著書に『ROCK! ジャケ弁スタイル』(ステレオサウンド)など

(オバッチ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ