ここから本文です

デートは男性におごってもらいたいという女性がいる一方、割り勘を希望する女性もいます。おごってもらいたい派からは「女性はデートのための服や化粧品などにお金がかかるから」「もともとデート代は男が払うもの」などの意見をよく聞きますが、割り勘を希望する理由はなぜなのでしょうか。
割り勘派女子に理由を聞いてみました。

サムネイル

■気を使わずに思いっきり飲み食いしたいから
「全額おごりだと、『あまり高いものを頼むのは悪いかな』とか、『飲み過ぎたらいけないな』とか気を使うのが煩わしいから。そんなことを気にせずに思いっきり飲み食いしたいから割り勘がいいです」(32歳/コンサル)

 おごられていると、遠慮してしまい食事を楽しめないこともあるようです。

■モテ要素になるから?
「おごられて当然という態度の女性は男性からよく思われないと聞くし、常識のある子という印象を持ってもらうためにも割り勘が良い」(26歳/製薬)

 割り勘がモテへつながるという意見も。男性におごらせてばかりだと「お高い女」だと思われてしまうこともありそうですからね。

■平等でいたいから
「おごられると平等じゃない気がするし、もし、ケンカをしたときに『いつもおごってやってるのに』と相手が有利になりそうだから」(25歳/販売)

 男女平等が叫ばれている社会ですが、デートにまで平等の波が押し寄せているようですね。

■自分も収入があるから
「自分もそれなりに収入があるので、見栄というわけではありませんが、お金を払いたいです」(29歳/IT)

 収入が低いと見られてしまうのは、少し悔しいという気持ちになるかもしれませんね。

■相手に悪いから
「たまにならいいけど、毎回おごりだと相手の負担になって悪いと思うので......」(24歳/金融)

 デートで心が温かくなった後に、お財布が寒くなるというのは悲しいもの。それを思いやれる女性は、早く次のデートを取り付けたくなりそうですね。


割り勘派女子は、男性にあまり頼りたくない、しっかりしている女子が多いのかもしれませんね。しかし、「デート後にきちんと『ありがとう』や『ごちそうさま』を言える子は、次もおごってあげたくなる」という男性の意見も聞きます。割り勘派女子もそうでない女子も、もしおごってもらうことになったらきちんとお礼を言い、気持ち良く食事できるようにしたいですね。

(姫野ケイ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ