ここから本文です

各家庭には家庭ごとのルールがあるもの。「門限は○時」や「食事はみんな一緒に」などが一般的ですが、ときには「○○は家族で共有」なんていうルールも。友だちや恋人の家で見て驚いた、家族で共有していてびっくりしたものについて聞いてみました。

サムネイル

■歯ブラシ
「友人夫妻が共有していると聞いて驚いた。最初、奥さんは抵抗があったらしいんですが、そのうち慣れてしまったとか」(30歳/男性)

 キスをする仲だから歯ブラシぐらい平気、という考え方でしょうか。それとこれとでは話が違う気もしますが......。

■バスタオル
「彼氏の実家は家族3人でバスタオルを共有。一度泊まりに行ったときに貸してもらいましたが、4人目になるとビシャビシャだし、なんだか嫌......」(31歳/女性)

 家族といえども、誰がどこを拭いたか分からないようなタオルでは拭きたくないかもしれません。

■服は共同で
「友だちは全部妹と服を共有。どの服が自分の、という線引きがないそうで、服を買ってきたら全てワリカンにするのだそう。最初は節約と服の収納のスペースを小さくしたいから、ということだったそうですが、自分が買わないような服が着られて楽しいとか」(26歳/女性)

 これはマネしたい共有かも? ただ、必要なときに着たいと思っていた服がない......なんていう場合もあるようです。中にはお母さんとワンピースを共有している、という人も。

■食器はいらない
「彼氏の家はみんな食事を食べる時間がバラバラなので、茶碗(ちゃわん)が1、箸が1、とそれぞれ1つずつしかないのだそう。家族団らんをする気が全くない、というのがびっくり」(27歳/女性)

 共有しているということより、家族でまったく一緒に食事をとらないということにびっくり?


共有する理由は、物が増えるのが嫌だから、という意見が多いようです。でも、「これはちょっと共有したくない......」というものもあるわけで、共有感覚が一致しないと一緒に暮らすのは抵抗が生まれてしまうかも。あなたは見聞きして驚いた「家族との共有品」ありますか?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ