ここから本文です

息子が将来を見据えた彼女を家に連れてくるとき。親だからこそ、子どもの相手がどんな子なのか心配してしまうものですよね。年ごろの息子を持つ親に、息子が連れて来たら嫌だと思う彼女像を聞いてみました。(クロス・マーケティング社調べ)

サムネイル

■ワガママでずうずうしい人
「ずうずうしくて自己中心的な人。息子が将来苦労する姿が見えるので嫌です」(56歳/男性)

 特に彼が気の弱いタイプだった場合、余計に「尻に敷かれてしまう!」と感じてしまうかもしれませんね。

■感謝の心や気遣いが見えない人
「気遣いの全くない女性。感謝の心がない人と一生付き合っていくのはつらい」(63歳/男性)

 相手に対して思いやりを持つことの重要さを、人生の先輩は身をもって体感しているようです......。

■プライドが高い人
「プライドの高すぎる人や気の強い人は、息子を大切にしてくれなさそう。普通の子が一番です」(51歳/男性)

 「ひねくれものの彼女は、見ているこっちがイライラしてしまう」(48歳/女性)という意見も。正直な気持ちを相手に伝えられない人と、親との付き合いも順調にいかないのかも。

■品がない人
「うちは子どもが男兄弟だけ。女の子には憧れがあるので、下品な印象の子を連れて来たらがっかりしてしまいますね......」(31歳/男性)

 他にも「品がない人は嫌」(50歳/男性)、「態度、身のこなしがガサツな人は、育ちを疑ってしまう」(73歳/男性)など、意外に多かったこの意見。彼のご両親と会うときは身のこなしや動作に気を配った方がよさそうです。

■礼儀知らずな人
「以前、息子が付き合っていた子で、初対面なのに敬語を使わずしゃべりかけてきた子がいました。常識に欠けると思います」(62歳/女性)

 目上の方への対応など、一般常識の感覚がずれている彼女は、見ているこちらがヤキモキしそうですね。

■ケバすぎる人
「化粧のケバい子は、男遊びが激しそうで苦手です」(62歳/男性)

 見た目に対する感覚は年代によって違います。普段はバッチリ化粧をしていても、彼氏の親に会うときには少し控えめにするなど、TPOをわきまえられる彼女になることが大切ですね。

■ヤンキーっぽい人
「見た目がヤンキーの子。それに加えて口調まできつかったら最悪です」(60歳/男性)

 「今後、もしかすると息子のお嫁さんになる子かもしれない......」と思ったときに、うれしさよりも怖さのほうが勝ってしまうかも?

■家事をしない人
「家事が全くできない人。する努力も見られない人」(49歳/女性)

 現在は夫婦共働きの時代ですが、息子が風邪をひいたときや子どもが産まれてからは不安を感じてしまいそうです。


息子を大切にしてくれる彼女かどうかはもちろん、自分たちとも家族になるかもしれない子ということで、両親の見る目はより厳しくなっているよう。これらのことに気を付けながら、親を安心させられる"出来る"彼女を目指しましょう!

(テラオカヒトミ+プレスラボ)
【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年2月25日~2月26日
対象:全国の15~99歳までの男女300人


Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ