ここから本文です

梅雨の時期の悩みといえば洗濯。部屋干しだと、どうしても生乾きのニオイが気になる...。もう一度洗濯するはめに、なんて人も多いのでは?
そこで今回は、洗濯後の生乾きのイヤなニオイを防ぐための方法を紹介します。

サムネイル

――どうして部屋干しをするとニオイが付くの?

生乾きのニオイは、洗濯物の落ちきらなかった汚れが酸化したり、雑菌が繁殖してしまうことが原因です。特に、湿気が多い日は乾燥が長引き、酸化や繁殖を進める原因となります。ニオイを防ぐには、洗濯物に菌を残さないこと、乾かす時間を短縮させることに気を付けましょう。

【菌を残さない! 洗濯機を回す前のポイント】

■洗濯物は洗濯機にためちゃダメ!

洗濯機に洗濯物をため込むと、湿気がたまり菌も繁殖しやすくなり、洗濯機そのものも汚れてしまいます。脱いだものはいったんランドリーボックスに入れ、洗濯機を回す時に入れるようにしましょう。

■水よりお湯で洗濯しよう!

洗濯は、温度が高い方が洗浄力は上がりますが、50~60度のお湯は洗濯機が傷む原因になってしまうため、40度程度の温水が最適。お風呂の残り湯がおすすめですが、湯の汚れがひどいときは、洗濯物に付着してしまうため使用は控えましょう。

【乾燥時間を短縮させるポイント】

■カーテンレールに干してはダメ!

カーテンレールに干すのは、カーテンや窓と接触して風通りが悪くなるためNG。洗濯物は、物干しスタンドなどを使用し、部屋の中央など風通しの良い場所で乾かしましょう。

■エアコンや扇風機を使用しましょう

乾燥の際は、エアコンと扇風機の併用がおすすめ。洗濯物に風を当てると湿気がたまりにくくなり、さらに室内を閉め切って除湿をするとより効果的です。
光熱費が心配かもしれませんが、併用することで乾燥が早くなり、かえって電気代は抑えられます。エアコンのかわりに除湿機を使うのも○。

■風通しを良くするハンガーテクニック

ハンガーにかけるときは、布が重ならないようにするのがポイントです。ズボンやスカートはポケットや縫い目が出ていた方が乾きやすいため、裏返しにして筒状に干しましょう。
角ハンガーを使うときは、厚手、薄手を交互にして干すと、風が通りやすくなります。

■洗濯物の位置を入れ替えよう

干されている位置によって乾く早さも違います。干した後は干しっぱなしにせず、どの位置にある洗濯物が一番乾いているのか観察しながら、場所を入れ替えたりして乾燥の時間短縮を心がけましょう。


洗濯方法を少し工夫するだけで、ニオイに悩まされることはなくなります。ぜひ実践してみてください!


参照元:
LIONオンラインショップ/お洗濯の基本とお役立ち情報
洗濯・染み抜きドットコム/洗濯物の臭い対策
日本経済新聞/みんなの節約術

(文/藤間成美@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ