ここから本文です

店を出たら「傘立てに置いていた傘が盗まれていた」なんて経験、ありますよね。持っていく側は「傘くらい...」と軽いつもりかもしれませんが、あれ、すごく腹が立ちます。
雨の季節を前に、実用的なものからユニークなものまで、傘を盗まれない方法についてまとめました。

サムネイル

■シールや傘タグを付ける

「ビニール傘は盗まれやすい」とよく聞きますが、特徴のない傘ほど盗難率は高いようです。でも突然の雨などの場合には、コンビニエンスストアでビニール傘や黒布の傘などを買わざるを得ないことも。そんなときは、傘の柄にシールや傘タグなどのワンポイントを付けるといいそうです。また、輪ゴムをつけておくだけでも効果的だとか。

■「呪」の文字で盗んだ後の不幸を演出

かわいいシールや傘タグでは心配......という人は、誰もが触りたくなくなるようなメッセージを書くという方法もあります。「呪」や「死後裁きにあう」などのメッセージを書くといいそうですが、なんだか自分で持つのもためらわれます......。

■「パパ、お仕事頑張ってね」

上とは逆パターンの、盗難防止のメッセージ。傘に対する思いの強さを主張することで盗もうとする人の良心に訴えかけよう、というものですね。確かに思い出が詰まっていそうな傘は、盗むのにも抵抗を覚えそう。

■痛傘

アニメキャラクターがデカデカとプリントされた、俗にいう「痛傘」。こういった個人の趣味の主張が激しい傘は盗む人も恥ずかしいのか盗難率がグッと下がるようです。だからと言って自分で使うのもちょっと......という人は、なるべく派手な傘を使うだけでも効果があります。

■傘を開いたらゴキブリ出現!

傘にあらかじめおもちゃのゴキブリなどを仕込んでおく、という荒業。傘を開いた瞬間にゴキブリが登場......なんて目にあったら、二度と傘を盗もうなんて思わなくなる!?

■いっそ使えない傘にする

最近では柄の部分だけ取り外して持ち運べるように作られている盗難防止機能付きの傘が売られているようです。どんなに良心が傷つかない人でも使えないものは盗みようがありません。これは画期的かも!

■傘の柄にデカデカと「警視庁」と書く

数ある傘のなかから「警視庁」の傘を盗もう、なんて人はまずいません。でもこれ、自分もかなり勇気いりますよね......。


もちろん、盗難は勝手に持っていくほうが100%悪いのですが、対策をしておくに越したことはありません。みなさんもぜひ試してみてください!


参照元:NEVERまとめ「傘が盗まれないためのアイデア集」「もう盗られたくない!! 傘泥棒対策」


(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ