ここから本文です

不倫騒動で世を騒がせたジャーナリスト・山路徹氏が6月2日に放送された「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、自身の経験に基づいた(!?)"不倫に走りやすい女性の見抜き方"について語った。

サムネイル

不倫相手になりやすい女性について語った山路徹



2010年、タレントである当時の妻・大桃美代子から前妻・麻木久仁子との不倫をTwitterで暴露されてしまった山路氏。ある意味"不倫の専門家"といえるわけだが、同番組で紹介された「不倫OKな女性の特徴リスト」についてMCの長谷川豊アナウンサーから「山路さんどうですか」とコメントを求められると、さすがに苦笑していた。


それでも意見を言おうと「僕の経験で言うとね」と口を開いたところで、ハッと気付いて大慌て。「経験って言っちゃいけないな、これ!」と焦り、「一般論で言うと」と言い直した。

そして、山路氏は、「責任感が強く自立していて、なかなか他人に弱音を吐けないような人が、ちょっとしたきっかけで(不倫に)走っていっちゃう」と"不倫に走りやすい女性"の傾向について説明するも、漫画家・倉田真由美さんから「いろんな顔が思い浮かんでしまう」とツッコまれてしまった。

その後も「甘え下手の女性は受け入れてくれる相手に出会うと突っ走る」と訴えると、長谷川アナに「話を聞くのが上手な、ジャーナリスト的な人とかね」と返されるなど、不倫ネタでイジられっぱなし。その度に出演者たちから笑いがもれていた。

なお、山路氏は5月23日放送の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)では、元妻・大桃への思いを未練たっぷりに熱弁。何度メールで食事に誘っても大桃から返事はないそうだが、「迷っているんだと思う」と前向きな解釈をしていた。

ネット上は、「ダメ男」「面白すぎる」といった声にあふれ、なんと放送直後はTwitterで「山路」「ノンストップ」といったワードがトレンド入りするほどの盛り上がりだった。

確かに落ち着いたたたずまいと少々ダメ男な内面とのギャップは魅力充分。不倫を開き直るダメ男キャラで、バラエティ人気を獲得する!?

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ