ここから本文です

告白されるとうれしいもの......ですが、やはりTPOは大事。「えっ、ここで告白するの?」と面食らってしまうと、どうしてもその後の関係に不安も抱きますし、あまりいい印象は抱けません。
これまで最もびっくりした告白のタイミングと場所について20~30代の男女300名にアンケート。別の意味で相手をドキドキさせてしまう告白とは?(クロス・マーケティング社調べ)

サムネイル

■乗り物&乗り場で
「たまたま知り合った人に飛行機の中で」(26歳/女性)

「電車で。しかも知らない人に」(24歳/女性)

「ターミナル駅のホームを上がる階段の上で呼び止められて、急に」(29歳/男性)

 人気の少ない公園や校舎裏など、告白に適した場所はいくらでもあるもの。一目ぼれだったとしても、せめて別の場所にしてほしいですね。

■ロマンチックさのかけらもない場所
「トイレの前」(23歳/女性)

「ホームセンターの駐車場」(29歳/女性)

「スーパーの入り口の前」(29歳/女性)

 「今言わなきゃいけない!」という思いに駆られていたのかもしれませんが......もう少しムードのある場所を探してほしいところです。

■なぜか「いったん帰宅してから」
「同僚と飲みに行き、いったん帰宅した後に電話で公園に呼び出されて告白された」(24歳/女性)

 相手の立場になって考えることも大切です。いったん帰宅してから再び呼び出されるのは少し面倒ですから。

■夜道で急に
「自転車で帰宅途中、道路に停車していた車からすれ違いざまに相手が出てきて。怖かったので逃げた」(39歳/女性)

 ただただ怖いです。告白をするときは自分のことだけで精一杯になってしまいますが、せめて相手を怖がらせないかどうかだけは考えた方がいいかも。


恋人のスタートラインとなる告白のシチュエーション。付き合うにしろダメになるにしろ、印象に残る瞬間ですから、「ここなら大丈夫」と思える場所で告白したいですね。

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年4月18日~4月19日
対象:全国の20~39歳までの有職者300人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ