ここから本文です

「かわいくなりたい」は世の多くの女性たちにとって永遠のテーマ。日ごろから美容やオシャレに細心の注意を払っているという人も少なくないはず。
では、一体どのくらいの女性が「自分はかわいい」と思っているのでしょうか。20~30代の女性に、ぶっちゃけ自分はかわいいと思うかどうかを聞きました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

まずはこんな質問から。

Q. 正直、あなたは自分の容姿をかわいいと思いますか?
はい...19.3%
いいえ...80.7%

 同じアンケートを男性にとったところ、自分の容姿をかっこいいと思う男性は約17%。男性よりやや多いものの、やはり全体としては少ない印象を受けました。日本人は男女問わず自己評価が低い人が多めなのでしょうか。では、それぞれの理由を聞いてみましょう。

まずは「ぶっちゃけ自分はかわいいと思っている」派の意見から。

■男ウケがいい
「一目ぼれされることが多い」(37歳/埼玉県)
「初対面の男性からは、必ず見た目を褒められる」(29歳/東京都)

 主に「男性ウケ」の良さを挙げる人が多数。「モテる」=「かわいい」という方程式が根強くあるようです。

■雰囲気がかわいい?
「身長が低く、童顔」(30歳/大阪府)
「見た目、行動が小動物っぽいとよく人に言われる」(24歳/大阪府)

 「小さい」=「かわいい」と考えている女性も多いことが判明。顔の造りやスタイル以上に「雰囲気」を重視する傾向も見られました。

 また一方で、「自分はかわいくない」と思っている8割の女性たちも。その理由を聞いてみました。

■スタイルに不満
「太っている」(25歳/兵庫県)
「スタイルが悪い」(26歳/静岡県)
「くびれがない、足が短い」(29歳/兵庫県)

 顔から下のパーツへの不満がある女性の意見が圧倒的でした。ダイエットや体づくりを特集した雑誌やテレビ番組が人気なのもうなずけます。

■気に入らないパーツがあるから
「鼻が低い」(25歳/東京都)
「一重まぶた」(29歳/愛知県)

 ピンポイントで理由を挙げる女性もちらほら。自分の顔は毎日見るものだけに、余計に気になるのかもしれませんね。


街を見渡すと美しい容姿の女性が多いですが、意外にも自己評価の低い女性が多いのかもしれません。欠点もチャームポイントだと思える大らかさを持つことで、もっと自分をかわいがってあげられる人が増えるのではないでしょうか。

(板橋不死子+プレスラボ)

調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年4月18日~4月19日
対象:全国の20~39歳までの女性有職者150人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ