ここから本文です

FacebookやTwitterをはじめとしたSNSの普及により、元カレの近況を知るのは容易になりました。しかし、SNSからは見聞きしたくない情報も入ってきてしまうもの。元カレの結婚報告や今カノ自慢などを目撃してしまった女性たちに、その本音を聞いてみました。

サムネイル

■彼女お手製の料理写真にイラっ
「元カレが今カノに作ってもらったであろう料理写真をアップ。料理が苦手だった私への当てつけかのようで正直イラッときた」(28歳/出版)

被害妄想のようですが、自分が作った料理を一切SNSに登場させてもらえなかったのなら、なんだか凹んでしまいますね。

■2人で通った店に今カノと......
「私が好きで紹介した店に、今カノと行っている姿がアップされていました。わがもの顔で写っていてカチンときました」(32歳/広告)

「私が紹介した店なのに!」と憤慨してしまいそう。気遣いのできない彼と別れて正解くらいに思っておくのがいいかもしれません。

■別れてすぐに結婚
「結婚したい私と、結婚をずっとしぶっていた彼。らちが明かないと別れたのですが、その後すぐに見知らぬ女性とデキ婚していました。私は一体なんだったのだろう」(30歳/旅行)

結婚を先延ばしにしてきた元カレ。そんな彼があっという間に結婚に至るのは、さみしい気持ちになってしまいそうです。

■タグ付けはわざと?
「元カレがホテルディナーに行ったことを今カノのタグ付けから知ったとき。『この彼女、元カノの私が友達にいるのを知っててわざとやってるのでは......?』と思ってしまった」(28歳/広告)

もしそうだとしたら、完全にマークされています......。

■ずっと独り身だった元カレ
「20代前半のころ、性格が合わなさすぎてケンカばかりだった元カレがいる。別れてからしばらく彼女を作っておらず、正直『もしかして私が怒ってばっかりだったから、付き合うことに嫌気がさしたのかも......』と思っていた。最近彼女ができたとSNSで知り、純粋にうれしかった」(29歳/女性)

心にひっかかっていたことがSNSで解消されたよう。元カレとSNSでつながっていることはデメリットばかりではなさそうです。


元カレの近況を知ると、悲しくなったり怒りが湧いたりしてしまうことが大半。そんなときは「好きだったのは昔の話」ということを思い返し、自分と付き合っていたとき以上に相手が幸せになれるよう望みたいですね。

(船橋麻貴+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ