ここから本文です

湿気が多く気温も高い梅雨は "食中毒"に気をつけなくてはいけない時期。とくにお弁当には要注意ですが、何に気をつければいいのか分からないという人も多いはず。そこで、食中毒を防ぐためのお弁当づくりのポイントをまとめてみました。

サムネイル

【食材編】殺菌に優れた食材をチョイス!

お弁当に梅干しを入れるのは意味があります。食材のなかには、殺菌に優れたものがたくさんあるのです。上手に活用し、傷みにくいお弁当を作りましょう。おすすめ食材はこちら。

■梅干し、お酢、生姜(しょうが)、大葉、カレー粉

梅干しは日の丸弁当より、炊き込むなどして梅干しとご飯を混ぜ込むのがベター。ご飯を炊く時にお酢を入れたり、すりおろした生姜(しょうが)を入れるのも○。大葉やカレーは防腐効果がありますので積極的に取り入れましょう。香りも強いので食欲が落ちやすい夏場のお弁当の味方にもなるはず。

【調理編】練り物もしっかり火を通す!

食材に注意しても、調理方法で腐りやすいおかずに......なんてこともあるため、調理方法にも気をつけたいところ。調理のポイントはこちら。

■火は中まで通すのが絶対条件

梅雨の時期は、ハムやソーセージなどの加工食品も加熱しましょう。そのまま使いがちな、ちくわやかまぼこといった練り物は傷みやすいため、加熱しない場合は控えたほうがいいかもしれません。

■水分がおかずを腐りやすくする

煮物やおひたしなど汁気の多いおかずは、避けたほうがいいでしょう。もし入れる場合は、しっかりと汁気を切ってから。また、具材が熱いうちにフタをすると水滴が付いてしまうため、熱を冷ましてからフタをしましょう。

■具材を詰める前に、お酢でひとふき

抗菌・防腐効果があるお酢は、調味料として以外にも、キッチンペーパーなどにお酢を含ませてお弁当箱をさっとひとふきしても効果的です。

【グッズ編】便利なお弁当アイテムも

最近では、食中毒防止のお弁当アイテムが充実しています。食材、調理にプラスして、食中毒に負けないお弁当を作りましょう。

保冷剤一体型お弁当箱

フタが保冷剤になっていて、フタを一晩凍らせるだけで保冷剤になる優れもの。

抗菌シート

おかずを詰める際におかずの下に敷くだけで、菌の繁殖を抑えてくれます。

抗菌おにぎりラップ

雑菌の繁殖を抑える銀イオンがフィルムの裏側に練りこまれてあります。手で食べるものをラップするときに便利。

手を抜いてしまい食中毒に......なんてシャレにならないですよね。でも、お弁当は節約や健康の味方。食中毒もこわくないお弁当を作りましょう。


参考元:NAVERまとめeSampo


(文/藤間成美@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ