ここから本文です

「アニメキャラのお葬式をあげた」など数々の逸話をもつ、アニメ好きアナウンサー・松澤千晶。毎クール数十本の作品をチェックするという松澤アナに、アニメに精通した"アニメソムリエ"としてオススメの2014春アニメをランキング形式で紹介してもらった。


「アニメにはニュース以上の真実がある」松澤千晶アナが語るアニメ観>>


サムネイル


■1位:「棺姫のチャイカ」
 監督:増井壮一、制作:ボンズ
★最新話無料配信中>>


サムネイル


(c)2014 I・N/KF/CP


魔法師のチャイカ・トラバントが父親の遺体を求めて旅をするファンタジー。


「キャラも基本的に3人で春アニメの中だと地味なほうなんですけど、すごく好きなんですよ。ひとつの目標に走ってくみたいなシンプルなストーリーで。あとはヒロインのチャイカがかわいい! この子は言葉もうまく喋れないし、正直あんまり頭もよくないだろうけど、でも本当に純粋。成長を見守る感じで見ています。チャイカを見ていると母性が育つんです。イイコイイコしたい」


■2位:「ラブライブ! School idol project」2期
 監督:京極尚彦、制作:サンライズ

・公式サイトはこちら>>
★1話と最新話を無料配信中>>


廃校寸前の女子校の入学希望者を増やそうと、女生徒たちがアイドル活動に勤しむ青春ストーリー。


「"音楽もの"って、2期が始まるだけでうれしい。脳内麻薬が出ているのかってくらい、動いているのを見るだけで、もう楽しいんです。メンバーの皆がピュアなんですよ。『この子たち本当に頑張ってるんだ』って素直に応援する気持ちになれる。いつの間にかアイドルグループを見る目線になっていますね。私はももいろクローバーZのファンですが私の統計では、ももクロファンは『ラブライブ!』にハマりやすいと思いますよ」


■3位:「極黒のブリュンヒルデ」
 監督:今泉賢一、制作:ARMS
★1話と最新話を無料配信中>>


サムネイル


(C)岡本倫/集英社・「極黒のブリュンヒルデ」製作委員会


天才高校生・村上良太が"魔法使い"と呼ばれる超能力者の少女たちを守るべく奔走するSF。


「アニメでしかできないことをやってるなと思える作品。血が飛び散るような残酷な展開の合間に、『パンツ見たでしょ!』みたいな萌えっぽいシーンもあって、場面ごとにノリが全然違うんです。実写だと違和感を覚えそうですけど、私は見ていて『思春期の男の子と女の子らしいやり取りだな』ってスッと入ってきました。萌えシーンが不自然にならないのはアニメだからこそ。ある意味実写ではできないことをしています」


■4位:「ノーゲーム・ノーライフ」
 監督:いしづかあつこ、制作:マッドハウス
★1話と最新話を無料配信中>>


サムネイル


(C)2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会


天才ゲーマー兄妹が、全てがゲームで決まる異世界に飛び込むファンタジー。


「完璧なキャラには普段はあまり惹かれないんですけど、この主人公・空は好き。ゲームは強くても、現実世界で満たされてないという弱さもあって......。強さは弱さの裏返し。物事って表裏一体なんですね。作品の中で繰り広げられるのは、いわゆる頭脳戦。ペンと剣が闘う感じで、単純に力があることが強さではないんだと思わされます。強さってなんでしょうね? ありえない展開のなかにメッセージ性があります」


■5位:「僕らはみんな河合荘」
 監督:宮繁之、制作:ブレインズ・ベース

・公式サイトはこちら>>
★1話から最新話までGYAO!ストアで配信中(PCのみ)>>


下宿"河合荘"で暮らす個性豊かな人々のやり取りを描く日常コメディ。


「あんちゃん(江口洋介)がいない、『ひとつ屋根の下』みたいな感じ! 家族って血の繋がりじゃなくて、こんな風にできあがってくものなんですね。いろんな年齢、性別、趣味の人が出てくるから、いろんな視点で楽しめます。あと"シロさん"ってキャラは変態なんですけど、変なことを言って場を盛り上げる、皆の接着剤のような役割の人なんです。わかっていてピエロをやるみたいな。私、こんな人を目指したい」


■特別賞:「健全ロボ ダイミダラー」
 監督:柳沢テツヤ、制作:ティー・エヌ・ケー
★1話と最新話を無料配信中>>


サムネイル


(C)なかま亜咲・eb刊/ペンギン帝国


女の子にエッチな行為をすると動くロボット"ダイミダラー"と人類と敵対する"ペンギン帝国"の戦いを描くギャグ。


「ベスト5には入らないけど、特別賞をあげたい。下ネタばかりで、『こんなの見てる自分、終わったな』と思ったんですけど、ここまでくると潔くて好き。股間から生えた"前しっぽ"を振り回して暴れるペンギンを見ると嫌なことも忘れられます」



2014年春クールアニメもいよいよ佳境。今から急いで見れば、最終回までに追いつける!


(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ