ここから本文です

俳優・織田裕二が今秋WOWOWで放送予定の連続ドラマ「株価暴落」に主演することがわかった。同ドラマは池井戸潤による同名の小説が原作。

サムネイル



織田が演じるのは熱血銀行マン・板東洋史。メガバンク白水銀行の審査部審査役である板東は、経営再建中の巨大スーパー・一風堂への追加融資をめぐって、キレ者の企画部副部長・二戸哲也(高嶋政伸)と衝突する。そんななか一風堂の店舗で爆破事件が起こる......というストーリーの金融エンターテインメントドラマ。

爆破事件現場に遭遇する青年に瀬戸康史、その恋人に川島海荷、爆破事件を追う刑事に板尾創路、経営再建中の巨大スーパーマーケットで独裁的経営に立ち向かう取締役・財務部長に石黒賢、会長の懐刀と言える存在でさまざまな裏仕事に従事してきた取締役・広報室長に石橋凌と豪華キャストが脇を固める。

「踊る大捜査線」シリーズの青島俊作役が大当たりしたものの、"青島"のイメージがいまだ根強く残ってしまっている織田。2013年は「Oh,My Dad!!」(フジテレビ系)ではシングルファザーという初めての役柄に挑んだが、残念ながらこちらはイマイチ視聴率がふるわないまま最終回を迎えてしまった。

しかし、今回の「株価暴落」は今もっとも旬だといわれている作家・池井戸潤が原作。池井戸潤が原作のドラマといえば、「半沢直樹」(TBS系)、「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系)とヒットが続いており、「株価暴落」もかなりの話題になることが見込める。

果たして坂東は、青島に次ぐ織田の当たり役となるか。


(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ