ここから本文です

お笑いタレントの有吉弘行が6月25日、一般のTwitterユーザーから受けた殺害予告に冷静に対処した。

話の発端は、有吉が同日に投稿した「寝よう。。。」というつぶやきに対して、あるTwitterユーザーが送った「喋んな殺すぞ」という脅迫めいたリプライ。

これに対して有吉はそのリプライを引用し、「殺害するということ?」と質問。相手は「うそうそ 応援しています」と慌ててジョークであると訴えたが、有吉は「嘘じゃないかもしれないので、ちょっと報告してきます。。。」と関係者に知らせることを報告した。

過去にも有吉は、放火予告を受けて「警察関係者の方。あとはお任せします」とツイートして対処。また先日も自身のラジオ番組で、一般人に盗撮された際に仕返しとして写真を撮り返したと報告するなど、出来心で絡んでくる一般人に毅然と対応する姿勢を示している。

なお、同日にタレント・千秋が自身のTwitterで「さっき某有名人に軽はずみに殺害ツイートをした少年は」とタイミング的に有吉の殺害予告の件を指していると思われる内容のツイートを投稿。「ネットをやるひとは大人でも子どもでもネットの便利さ怖さをちゃんと理解してからやるべき」と苦言を呈している。


(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ