ここから本文です

メディアでは草食系男子や仙人系男子がクローズアップされている昨今。でも世の中には、恋愛にガツガツとした姿勢で挑む「肉食系男子」がまだまだ多くいるのも現実です。熱烈アプローチを受けたらうれしいはずなのに、あまりに強烈すぎると......。
女性のみなさんに、「肉食系男子にウンザリさせられた瞬間」について聞きました。

サムネイル

■知り合ったら即ホテル
「飲み会で連絡先を交換した男性と、初めて二人で会った日。当然食事に行くのかと思いきや飲食店街とは逆方向に連れて行かれて、何食わぬ顔でそのまま手を引きホテルに入ろうとされた。趣味も合っていい感じだと思っていたのに、それもすべて体目当てで話を合わせていたのかと思うと、肉食過ぎてウンザリ」(27歳/小売り)

 いい関係になれるかも......と抱いていた期待を打ち砕かれる行為です。

■連日ホームパーティの誘いが
「ホームパーティ好きを名乗る男性と知り合ってから、パーティのお誘いメールがやたらくるようになった。『医師や会社経営者、上場企業勤務の男性ばかりが集まります。女性の方にはうれしいプレゼントあり♪』といったうたい文句が毎回入っていて、ものすごくうさんくさい」(29歳/メーカー)

 そのお誘いメールは一体何人の女性に一斉送信されているのでしょうか......

■彼女がいてもいいじゃん
「彼女がいるのに平気で誘ってくる肉食男にはウンザリ。『でも彼女いるでしょ』と説き伏せようとしても、『別にいいじゃん』とか平気で言われると、なんだか悲しくなる」(25歳/デザイナー)

 余裕顔が想像できてイラッとさせられるエピソードですね。欲張りすぎてもいいことはないと思います。

■アポなしで自宅近くまで会いにくる
「自分は神奈川在住で、相手の男性は埼玉在住。付き合ってもいないし約束もしていないのに、休日によく車で私の地元の駅まで来て『どうしても顔見たくて来た、今○○駅の前だよ』とか連絡してくる人がいた。わざわざ来られたら行かないのも申し訳ないし、急いで身支度して行くのも結構面倒だし、こっちの都合もおかまいなしなところにウンザリした」(27歳/広告)

 サプライズを狙っているのでしょうか。「会いたいからこれから行ってもいい?」と事前の一報をするのも女性へのやさしさです。

■出会いの場に現れる既婚者
「街コンに行くと高確率で既婚者の男がいる。あなたは遊び感覚かもしれないけど、本気で出会いを求めて行っている身からすると迷惑でしかない」(28歳/商社)

 貴重な出会いの場で、出会いの確率を下げてくる既婚参加者。肉食男子の遊び場にならぬよう、入場時にぜひ身元チェックを取り入れてほしいところです。


純粋に一人の女性に対して情熱的な肉食系男子もいれば、彼女や奥さんがいるにも関わらず女性を口説こうとする、女子にとっては迷惑な肉食系男子もたくさんいるようです。女性は、いちずな肉食系か欲張りな肉食系か、見極める目を養いたいですね。

(鈴木夏希+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ