ここから本文です

タレントのマツコ・デラックスが6月30日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX系)で、番組への不満を爆発させた。

サムネイル



同番組では、「あなたには、宿敵がいますか?」と視聴者からのメッセージを募集した。司会を務めるタレント・ふかわりょうが「マツコさんの宿敵は?」と尋ねると、「ここのスタッフは皆そう(宿敵)よね。9年もやっててこんなに成長もしない、わかり合えない人は初めて」といきなり毒舌が炸裂(さくれつ)。

ふかわが「マツコさんにとっては、ここがホームグランドでは?」とフォローを入れようとするも、マツコは「イヤですよ。こんなバカな連中とホームって言って手を握り合いたくないですもん」とピシャリと返した。

2005年から月曜コメンテーターを担当するマツコにとって「5時に夢中!」は最長のレギュラー番組であるとともに、初のレギュラー番組。原点とさえ呼べそうな番組だが、どうやらこれまで不満を感じていたようだ。

その後もマツコの機嫌は直らないまま。番組中盤では、「イヤだ! 金輪際あなた(ふかわ)の質問には答えません!」とコメンテーターでありながら、ついにコメントを拒否する始末。

視聴者もさすがに不安に感じたのか、番組終盤で「マツコさんのいない『5時に夢中!』は寂しいので、これからもレギュラーを続けてください」とメッセージが寄せられた。ふかわは「本気でおっしゃっているわけではないですからね」とまたもやフォロー。しかし、やはりマツコは「けっこう本気で言ってるけど」と冷たく言ってのけた。フリーアナウンサーの内藤聡子が「愛情の裏返しかと思っていたけど」と驚きを示すと、マツコは「愛情がないと言ったらうそになりますけど、持ちたくない自分もいるんだよね」と眉間にしわを寄せながら本音を明かした。

番組ラストでも「ほどほどの距離感が大事よね」とスタッフへの不満を訴えていたマツコ。ついに"古巣"「5時に夢中!」を卒業か――。たんに虫の居所が悪かっただけだといいのだが。

(文/藤間成美@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ