ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。8月17日の放送では、女子プロレスラーの神取忍と元Whiteberryの前田由紀が"反省"しました。


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>



■なんと神取も"女子プロレスラー乙女"だった!


「ミスター・女子プロレス」「女子プロレス最強の男」などの異名をもつ女子プロレスラー神取忍。彼女の反省は、「いかつい見た目と違って心は乙女で、周囲を混乱させること」。そう、やはりかつてライオネス飛鳥も同じことを反省しました。多いのですね、"女子プロレスラー乙女"。


番組では神取の"乙女ぶり"を報告。スイーツの差し入れを喜んだり、爪の手入れをしたり、週2回コラーゲンマシンに入るなど、肌の手入れも欠かしません。好きな食べ物は、フルーツたっぷりのパフェだそうです。


■美容代に月5万円、有吉からは「無駄」と


「プロレスラーは『見られる職業』」と、美容代として月に5万円かけていることを明かした神取。そのためか、実際に肌はピチピチです。しかし、有吉は「無駄」、見届け人の博多大吉は「美しさ......微塵も感じない」とあくまで男子扱い。ファッションはアロハにジーンズ、寝る時はTシャツと短パン、佇まいや仕草は十分に「オッサン」です。そんな神取ですが、実は酒は一滴も飲めない下戸。乙女と言えるかどうか微妙ですが、宴会もソフトドリンクだそうです。


神取への禊は、本人が苦手だというオバケ屋敷にメイド姿で独りで行くというもの。この模様も放送されますが、いやメイド姿の神取、一見の価値ありです。怖いです。


■かつての大ヒット曲「夏祭り」を一人で歌って荒稼ぎを反省


元Whiteberryのボーカル・前田由紀は、「かつてのヒット曲『夏祭り』を他のメンバーに内緒で1人で歌って荒稼ぎをしていること」を反省します。
「夏祭り」は2000年に大ヒット。その後、Whiteberryは2004年に解散しますが、前田由紀はソロとして活躍中。最近は「夏祭り」を引っさげて、地下アイドルイベントやデパートのイベントでも営業し荒稼ぎをしているのだといいます。


■スタジオ中もビックリの営業ギャラ 再結成も視野に


スタジオでは、普段はガソリンスタンドや居酒屋でアルバイトしていることを告白。所属事務所もなく、出演交渉、ギャラ交渉も自分で行うそうです。その価格が驚くべきもので、とても大ヒット曲のボーカルの価格ではありません。スタジオもビックリで、「荒稼ぎ」を反省しに来ましたが、もっと稼げるのにとも思います。再結成もしたいとのことで、ファンにとってはぜひ実現してほしいものです。


そんな前田への禊は「ノーギャラで『夏祭り』を歌いに行く」。
葛飾区のとある地区の盆踊り大会に登場した前田。カセットカラオケでの歌と環境はともかく、会場は大盛り上りのようでした。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ