ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。8月31日の放送では、元おニャン子クラブの渡辺美奈代とラジオアナウンサーの二木あつ子が"反省"しました。


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>



■「自然と『374』という自分に数字が寄ってくる」


渡辺美奈代は、名前の語呂合わせである「374」という数字をところかまわずアピールしていることを反省。
自身がプロデュースするショップ、ネイルサロンの電話番号、アパレルブランドのロゴ、はたまた自分の料理と生活空間のいたるところに「374」が使われています。本人いわく、「374が寄ってくる」のだそう。領収書の金額や歩数計も「374」となっていました。


■呆れてMC放棄の有吉に代わってバカリズムが「お仕事」


スタジオでのトークでも、有吉は「しょうもない反省」と言って、ややMC役を放棄気味。そこでバカリズムが見届け人のひな壇から有吉に代わってMC役に。
「374と関わって、生活に変化はあったのですか」など、"仕事感"丸出しで渡辺に質問したり、トークを展開させたりします。満面の笑みで「374というのは、美奈代さんにとってラッキーナンバーなんですね」と、うっすいまとめまでやってしまいました。


そんな渡辺への禊(みそぎ)は、「名前を『374』に改名」。「渡辺三七四」にするということですが、かなりダサいです。
しかし公式ブログのタイトルやプロフィールも「三七四」バージョンに。どこまで浸透するのでしょうか。


■色黒すぎる女子アナがラジオでコスプレ三昧


二木(ふたき)あつ子の反省は、「ラジオアナウンサーなのに見た目が派手なこと」。
二木あつ子はラジオの福井放送などで活躍するフリーアナウンサー。その職場に番組スタッフが訪ねると、なんとうさ耳をつけたバニーガール姿で放送しています。もちろんラジオですから、その姿は映りません。にもかかわらず、バニー以外にもチェアガール、赤ずきん、アメリカンポリスとまさにコスプレ三昧でラジオに出演しています。


■またひとり、色黒名物キャラが誕生か?


そしてもう一つ、「有吉反省会」で数々の名(迷)キャラクターを生み出した、色黒すぎる"日サロ焼き"キャラでもあります。この二木アナ、声はね、とても可愛いのです。ですので、ラジオで聴くコスプレ三昧はなかなか妄想膨らみます。見た目ですが、年齢不詳。見届け人の友近には「80歳ですか?」、バカリズムは「年齢ではない。樹齢です」と評されていました。


禊は、色黒アニソン歌手・山形ユキオとの「色黒ライブショー」開催。この模様は近日公開の予定です。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ