ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。9月7日の放送では、少女演歌歌手のさくらまやと元セイントフォーで女優の濱田のり子が"反省"しました。


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>


■家ではあぐらで経済新聞読む16歳乙女


10歳で史上最年少演歌歌手としてデビューしたさくらまや。現在16歳になった彼女は、「16歳なのにオジサン化していること」を反省します。


どんなオジサン化なのかというと、カバンの中に肩こりマッサージ器、扇子、郵貯のティッシュ、読んでる雑誌は「ニュートン」(科学雑誌)とおおよそ16歳の少女とは思えないモノを持ち歩いています。
お弁当も西京焼き、なすのおひたしと女子高生らしさは皆無。家でもあぐらをかいて経済新聞を読むなど、たたずまいもすっかりオジサンになっています。
そんなさくらですが、自身は「まったく自覚がない」とか。むしろそこがオジサン化しているとも言えます。


■「30年経てば愛情も情に変わる」と16歳にして達観


スタジオでは恋愛観を聞かれ、「好きなタイプは価値観の合う人」、結婚は「30年40年経つうちに愛情が情に変わるからしない」、将来は「働かないで生きていきたい」。とても16歳とは思えない人生観をもっているようです。博多大吉に「みんなそれを言わずにがんばってるんだよ」と諭されます。


そんなさくらへの禊(みそぎ)は、ギャルサー(ギャルサークル)軍団への1日加入。
ギャルに変身したさくらの姿は、近日公開の予定です。


■「頭の中が杉浦幸だらけになっている」濱田のり子


アイドルグループ・セイントフォーのセンターとし活躍した濱田のり子は、「頭の中が杉浦幸だらけになっている」ことを反省。
どういうことと思いますが、彼女のブログを見てみると、食事、旅行、遊びと杉浦幸とのことがびっしり。自身のiPadには「杉浦幸シール」、杉浦のファンクラブイベントには呼ばれていないのに参加、そして1週間に5日も会うという仲良しぶりなのであります。


■キレイな秘訣は「毎朝ウォーキングとスワッピングをやっている」


スタジオでは、ちょっと腰の引け気味な有吉に代わって博多大吉がフォローしますが、なんと濱田の攻撃を受ける羽目に。
大吉がけっこうタジタジとなってしまいます。
有吉が49歳だという濱田に「美人ですよね」と褒めると、濱田は「毎朝ウォーキングとスワッピングをやっている」と発言。実はスクワットのことなのですが、この言い間違え、けっこうな爆弾発言です。


そんな濱田への禊は、杉浦の幸せを願う護摩行。護摩行とは炎のそばで熱さに耐えながら願望を祈念する修行。なかなかセクシーな護摩修行姿。この模様も放送されます。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ