ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。9月28日の放送では、演歌歌手のジェロとタレントの浜口順子が"反省"しました。


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>


■映画でセールスマン役演じても脱がなかったジェロ


2008年、ヒップホップスタイルで演歌を歌って一世を風靡したジェロ。なんとそのデビュー以来、どんな場所でも一度も帽子を外したことがない、ということを反省します。


VTRでは、ジェロがさまざまな場所でのロケでも、常に帽子をかぶっている様子を紹介。映画でセールスマン役として出演した時すら、帽子は外しませんでした。たしかに不自然なくらいの着帽です。


■禊(みそぎ)では大西ライオンの「ライオンキング帽」にもチャレンジ


スタジオでのトークでも、有吉は執拗に帽子を脱ぐことを迫ります。たとえば滝修行の仕事が来たらと有吉が問いかけると、「来ないでしょう」と冷静な切り返し。見届け人の大久保佳代子から「私との濡れ場の仕事が来たら?」と聞かれても、「もっと来ない」と帽子を脱ぐことを拒否する姿勢を崩しません。ここで浮上してくるのが"ハゲ疑惑"。しかしジェロは「坊主頭ではあるが禿げてはいない」ときっぱり否定。たとえ大御所・北島三郎から頼まれても、「すみません」と謝って外さないそうです。


そんなジェロへの禊は、「先輩芸能人のクセの強い帽子をかぶってみる」。田中邦衛(「北の国から」バージョン)や大西ライオンなどの特徴ある帽子をかぶってみせます。


■文鳥が好きすぎる浜口順子にスタジオからは冷ややかな目


続いて登場の浜口順子は、「彼氏よりも仕事よりも文鳥を溺愛しすぎてしまうこと」を反省します。ペットとして飼っている文鳥のムールちゃんに夢中。ロケに行くときも食事も一緒。あまりの可愛さに食べそうになることも。


こういう溺愛系ゲストの場合はよくありますが、スタジオは冷め気味。今回も文鳥の魅力を延々と語る浜口に、有吉もやや引き気味にトークが進みます。


■愛鳥のために徒歩で3時間かけて最高級枝豆をゲット


実は、浜口はスターへの登竜門「ホリプロタレントキャラバン」グランプリ受賞者。浜口の前年の受賞者が綾瀬はるか、翌年が石原さとみとビッグスターが並ぶ中、見事な谷間っぷりを見せています。有吉とのトークでは、この有吉反省会を今後の芸能活動の起爆剤にしたいと、必死さもアピールしていました。


そんな浜口への禊は、愛鳥ムールちゃんの大好物、最高級枝豆を群馬県の山奥に取りに行くことに。その場所は、なんと最寄り駅から徒歩で3時間かかるそう。番組ではその模様も放送します。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


(PCのみ)★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ