ここから本文です

付き合ってみないとその人の本性は見えないもの。付き合ってから「まさかこんな人だったとは......」と思ってしまった経験は、誰しも一度はあるのではないでしょうか。20~30代の男性に「付き合うんじゃなかった」と後悔した元カノと、そう思った瞬間を聞いてみました。

サムネイル

■ステータス目的!?
「付き合った当初は『結婚したい』としつこいくらいに言っていたのに、転職した途端、『どうして転職したの!』とキレられ、そのまま別れを告げられた。前に勤めていた会社は大手だったので、そのためかと......」(32歳/広告)

 彼女は、「エリートの彼と付き合っている私」というステータスが欲しかったのかもしれません......。

■突然、元彼との婚約を報告!
「ある日突然、『元彼にプロポーズされてOKしたから別れてほしい』と言われた」(30歳/アパレル)

 クリスマスも年末も二人で仲良く過ごしたのに、年明けにこの報告が待っていたそう。「女って何を考えているか分からない」と、女性不信に陥ってしまったのだとか。その気持ち、わかります。

■愛情たっぷりメールをキモい扱い
「婚約までしていた彼女が、俺からのメールを『キモい』といって友達とまわし読みしていた」(29歳/飲食)

 彼女の無神経さに、『将来もこうやってバカにされるんだな』と思い、婚約破棄を決意したそう。されて嫌なことはしないようにしたいですね。

■母親の干渉が苦痛に
「彼女の母親からの、家柄、職業、見た目のチェックが厳しくて疲れてしまった」(26歳/編集)

 娘のことが心配で、彼氏のことを知りたい気持ちは分かりますが、二人の付き合いに親が過剰に干渉してくるのは、確かに苦痛になってしまいますね......。

■行き過ぎた妄想女
「友達や会社の人と出かけるだけで浮気を疑う彼女。妄想がすごすぎて、電話が鳴っただけで浮気していると詰め寄ってくるほどだった」(27歳/商社)

 彼のことが好きすぎて、不安な気持ちが抑えられなくなってしまったのでしょうか。

■思春期男子の恥ずかしいおつかい
「コンビニエンスストアに一人で生理用品を買いに行かされた(高校生のとき)」(28歳/美容)

 その当時の恥ずかしさは今でもトラウマだそう。店員さんも、年ごろの男子が生理用品を買いに来たらびっくりしてしまいそうです。

■貧乏なの? ガサツなの?
「2年間、ダンボールを机がわりにしていた」(31歳/出版)

 一時的にダンボールを置いているのならば分かりますが、2年間愛用しているとなると、机を買うお金がないのが、はたまた面倒くさがりなのか......。


たとえ一目で恋に落ちたすてきな女性でも、中身をだんだんと知っていくうちに幻滅してしまうこともありそう。できれば付き合う前に知っておきたいことばかりですが......なかなか難しいのかもしれませんね。

(テラオカヒトミ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ