ここから本文です

上司によって、職場の雰囲気はガラリと変わります。本人は自覚がなくても、部下たちは「一緒に仕事したくない!」と思っている可能性も......。
20~30代の男女300名に、上司にしたくないタイプについて聞いてみました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■気分屋

「感情の起伏が激しく、ヒステリックに怒る人。何でも見下したものの発言をし、若い世代の意見を聞いてくれない堅物」(34歳・女性/愛知)

「気持ちのアップダウンが激しい人」(29歳・女性/北海道)

 いつも上司の気分を伺いながら仕事をするのはつらいもの。上司だって人間なんだから、と思いますが、それも日常茶飯事となると厳しいものがあります。

■朝令暮改

「言っていることが毎回変わる人。現場を知らないくせに上から見当違いな指示をされるとうんざりする」(26歳・女性/東京)

「昨日と今日で言うことが違う。昨日話したことを忘れる。しかも、虚弱体質すぎて遅刻早退欠勤ばかりしている上、居眠りばかりしている」(38歳・女性/東京)

 朝出た命令が夕方には変わってしまっていて、一定しない上司。部下は振り回されっぱなしです。

■自己中心的

「自分の機嫌が悪いと、後輩を怒って発散させようとする上司」(男性・27歳/熊本)

「自分の出世のためなら、部下を捨てる行為。仕事を部下に全てやらせ、自分は仕事をせずに一日中携帯をいじっている」(男性・35歳/北海道)

「自分のミスは責任転嫁したがるくせに、部下の手柄は横取りする。まともに教育してくれない。朝っぱらから理不尽な理由で、大声で怒鳴る。自分のミスに寛容、他人のミスにはきつい」(26歳・女性/大阪)

 自分のことしか考えていない人はどこへ行っても、人に迷惑をかけることになります。そのことに気がついてもらえるといいんですが......。

■裏表あり

「表ではいい顔しているが、裏では悪口ばかり言っていて、信用のない人」(25歳・女性/三重)

「上司の顔色ばかりを気にして、言っていることが二転三転する、自分の考えがない人」(26歳・男性/愛知)

 その上司の言うことが何も信用できなくなりそうです。職場で人間不信になるのは避けたいところ......。

■怖い?

「ただ大きい声で恫喝(どうかつ)する人」(男性・35歳/神奈川)

「言ってることとやってることの整合性がなく、暴力的で理不尽な人」(男性・35歳/埼玉)

 常に職場でビクビクすることに。これでは会社に行くのも嫌になります。


なかには「働かない人」(25歳・女性/愛知)という意見もあり、それでどうして出世ができたのか分かりませんが......。反面教師という言葉もありますし、自分はそんな上司・先輩にならないように気をつけたいものですね。

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年6月11日~6月12日
対象:全国の20~39歳までの男女有職者300人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ