ここから本文です

5月にメジャーデビューを果たし、早くも9月には「氣志團万博」出演も果たす謎の4人組バンド「味噌汁's」。メンバー全員「RADWIMPS」にそっくりで、「ラッドの覆面バンドでは?」とささやかれている。
その活動内容も奇怪なようで......。

サムネイル

■「味噌汁's」とは?

味噌汁'sとは、鼻眼鏡にカタコトの日本語のジョン(Vo)、ポール(G)、マッカー(D)、トニー(B)というふざけた4人からなるバンド。それぞれがRADWIMPSのメンバーにウリ二つなのが特徴だ。

8年前にRADWIMPSのライブに突然現れて以降しばらくの間姿を見せずにいたが、2013年に行われた彼らのライブ「青とメメメ」に7年ぶりに登場した。2014年5月28日にはアルバム「ME SO SHE LOOSE」でメジャーデビューしている。

彼らの楽曲は「どうして今もそんな気持ちを覚えているのだろう?」とうらやましくなるような、子供の頃の純粋な気持ちや疑問、発想を歌にしたものが多く、また中毒性のあるメロディも人気となっている。

■ノートシングル&みそ汁の試飲会

5月7日には、アニメ「マジンボーン」(テレビ東京系)のエンディング曲「OKAN GOMEN」を"ノートシングル"としてタワーレコード限定で発売

この"ノートシングル"なる代物は、表紙に「味噌汁's学習帳」と書かれたいかにも怪しげなノートを購入し、そこに記載されているコードで曲をゲットできるというもの。ノートは、開くとまず「OKAN GOMEN」の歌詞が書かれているが、さらにめくっていくと算数の問題をはじめ、絵日記や連絡帳ページなどが出現......最後までボケ倒しているとしか思えないものになっている。

アルバム「ME SO SHE LOOSE」の発売日5月28日には、タワーレコード渋谷店で、アルバム発売を記念しみその食品メーカー・マルコメとコラボで"みそ汁の先行試飲会"を開催。
また、アルバムにも初回盤限定特典としてメンバーによる落書きで埋め尽くされたノートが付属しているのだが、7月1日に公式Twitterで

「アルバム『ME SO SHE LOOSE』が出てから、約1カ月。もう、7月になった。ずっと待ってたのに、ノートに隠された、最大の謎を解いた人がいないぞ。一番最初にわかった人には、贈り物があるよ。 味噌田小学校講師 わたなべ」

とツイート。実はノートに謎を仕掛けていたことを明かした。

サムネイル



■アルバムのCMもナメてる

彼らがエンディング曲を担当する「マジンボーン」内では、デビューアルバムのCMが「味噌汁の国編」「味噌汁の精編」など6週連続別バージョンで放送された。「え、そこ!?」という場面でみそ汁が登場する突っ込みどころ満載のCMには、「モザイク編」「おっぱい編」などウェブのみでアップされているものもある。



■「RADWIMPS」≠「味噌汁's」

一方、RADWIMPSの公式サイトではメンバーの洋次郎が「味噌汁'sへ」というタイトルでブログをアップ。

「巷(ちまた)では一時期『あれは実はラッドの覆面バンドらしいよー』なんてうわさもたったほどです。まったく悪い冗談です」
と、味噌汁'sを"盟友""ライバルバンド"と紹介している。味噌汁'sの正体とは!? 謎は深まるばかりだ。

まだまだ本格的な活動を始動させたばかりの彼ら。次はどんな発想で私たちを驚かせてくれるのか、今後の活動も目が離せない!

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ