ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が7月10日深夜放送のラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、引退時期への考えを語った。

サムネイル



岡村は、ある番組内での「子供は双子を授かり、68才くらいで仕事を引退する」という発言の真意をリスナーから尋ねられた。あくまで思いつきだと前置きしつつも、子供について、ひとり生まれた後にまた二人目を......というのは「しんどい」と考えたと答える。6月23日に歌手の郷ひろみが双子を授かったニュースもあり、「一気にふたり欲しいな。双子がええんちゃうかな」と感じたそうだ。

そして、「68才くらいで、腰とか膝とか体のどこか絶対おかしなってると思うねん」と"68歳で引退"について説明。「68歳くらいでもうあかんのちゃうかな」「70才までしっかり歩かれへんのちゃうかな」と将来の健康を危惧している。

なお、岡村は、近頃は新幹線や飛行機を利用すると右足に激痛が走るとも訴えていた。現在の不調もあって、引退について想像してみたのかもしれない。

(文/藤間成美@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ