ここから本文です

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・Sexy Zoneが7月15日、代々木第一体育館で新曲の大発表会を行った。そこで発表された内容にファンからは戸惑いの声が上がっているようで......。

Sexy Zoneは、2011年に佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、マリウス葉、松島聡の5人でデビュー。「マイケル・ジャクソンのようなセクシーさ」というコンセプトのもと活動している。

報道によると大発表会では、9月17日に発売する7枚目のシングル「男 never give up」は、佐藤、中島、菊池の3人だけでレコーディングを行うと発表。さらに今後Sexy Zoneは、その3人を中心に常にメンバーが入れ替わる可能性のあるグループになるとも報じられている。

同グループはこれまでグループ内の格差がひどいとファンの間で度々指摘されてきた。

例えば、昨年4月に歌番組「MUSIC JAPAN」(NHK総合)に出演した際は、佐藤は赤、中島は青、菊池は紫とそれぞれ違ったカラーの豪華な衣装を身につけていたのに対し、マリウスと松島の衣装はバックで踊るジャニーズJr.と同じピンク色で、デザインも佐藤たちに比べて随分シンプルなものだった。

ほかにも、CDの表ジャケットにマリウスと松島の姿がなかったり、看板広告ではふたりはアップでほほ笑む佐藤たちの奥に小さくぽつんと立たされていたりとさまざまなところで格差が生み出されている。

この発表にファンはネット上で、

「泣けてくる」
「聡ちゃんとマリウスあってのSexy Zoneだよー!」
「ふたりが歌わないならもうCD買わないしコンサートも行かないってなるよね」

と困惑を示す。さらに「遠回しに脱退を勧めているんじゃ」「事実上の解散?」と危惧する声も。

今回の発表はあくまで"グループのシステム変更"ということらしいが、これまでの経緯があるからこそファンが心配するのも無理はないのかもしれない。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ