ここから本文です

いつかは結婚したいと思っていた彼氏でも、ふとした瞬間に、「本当にこの人と結婚していいのか」と思い直すこともあるもの。結婚する気がうせた彼氏の言動について聞きました。

サムネイル

■あまりにだらしない彼
「同棲(どうせい)し始めてみると、電気はつけっぱなしだし、ドアと窓は開けっ放し......。掃除も全くせず、一緒に暮らしていく自信がなくなりました」(29歳/広告)

 結婚とは生涯をともにするもの。この先一緒に暮らしていくのであれば、少しの生活のずれも気になってしまいますね。

■結婚するする詐欺
「結婚を前提に付き合い始めて8年。結婚を匂わせると『来年あたりできたらいいね』とはぐらかされます。結婚する気がないのならはっきり言ってほしい!」(33歳/IT)

 毎年はぐらかされていたら、こちらの結婚する気がうせてしまいますよね。核心をつけないようなら、別の相手を探した方がいいのかもしれません。

■約束を守れない彼
「ギャンブルを辞める約束をしたのに、彼の洋服からパチンコの玉が出てきた瞬間。小さな嘘でも信用がなくなりました」(29歳/IT)

 小さくても嘘は嘘。信用を築くには時間がかかりますが、失うのは一瞬ですね。

■相談をしてくれない彼
「なんの相談もなしに、突如海外留学すると言って会社を辞めてきた彼氏。彼との未来が考えられなくなりました」(30歳/出版)

 夢を追うのはとてもいいことですが、2人の将来を考えると、未来の設計が狂ってしまったのかもしれません。相談くらいしてほしいものですね。

■「両親の面倒」は結婚の交換条件?
「婚約寸前で『結婚してあげるから、代わりに地元に一緒に帰って俺の両親の面倒を見てほしい』と言ってきた彼。そんな話は寝耳に水だし、言い方がひどすぎると思った」(34歳/医療関係)

 こんな言い方では、自分と結婚したいのか、親の面倒を見させるために結婚したいのか、少し不安になりますよね。

■マザコン彼氏
「私が料理を作るたびに、彼の母親の味と比べられます。そんなにおふくろの味が好きなら、お母さんと結婚すればいい!」(26歳/飲食)

 彼氏のために作った料理なのに、母親の味と比べられたら頭に来ますよね。この先ずっと誰かと比べられると思ったら耐え難いかもしれません。


自分のことを大切に思ってくれていない彼氏とは結婚したくなくなるのもうなずけます。生涯の伴侶となる相手は、この人でなければという人を選びたいですね。

(船橋麻貴+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ