ここから本文です

お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が7月21日、自身の偽サイン色紙がオークションサイトに出品されていることをTwitterで報告した。

サムネイル



村本は、当該商品のオークションページを紹介している一般Twitterユーザーのツイートを引用したうえで、「偽サインです」とファンに忠告。「チケットオークションにかけたり人のサイン売ったりするやつ、人の知名度むさぼるダサくてみじめな生き方してんな」と怒りをあらわにしている。

問題のサイン色紙は、7月18日にネットオークションサイト「ヤフオク!」に出品されたもので、21日にオークションが終了。1980円で落札されている。「2014年1月5日付のサインです。ゆめタウンイベントにて本人達から頂きました。ファンの方には大変貴重な逸品です」と説明されている。

これまでにも芸能人の偽サイン色紙をめぐる詐欺行為が度々問題になっており、昨年11月には嵐やAKB48などの偽サインを販売したとして3名の容疑者が逮捕、今年3月にはSKE48・松井玲奈の偽サイン入りゴムボールを販売したとして専門学生の男が逮捕された。

本来、サインとは直接書いてもらってこそ価値があると思うが、オークションサイトなどで多く出回っていることも事実。入札する場合は、本物か偽物かを判断して対価を支払いたいものである。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ