ここから本文です

芸能活動を再開したばかりの元モーニング娘。・加護亜依が7月26日に自身のTwitterで、再始動に対する周囲の反応に複雑な感情を示した。

サムネイル



加護は2007年に事実上の活動停止状態となり、昨年8月にようやく活動再開を発表。10月には自身も参加するガールズユニットを新結成するとしてメンバーを募集し、オーディションで合格したふたりとGirls Beat!! を結成。同ユニットは今年7 月22日にデビューを果たし、26日にはデビューライブも開催した。

しかし、デビューライブを終えた7月26日夜、加護は、「昔の私は昔でしかない。『今』を大事にしたい。過去には戻れない。ううん、戻らない! 未来に向かう」と過去との決別を突如宣言。「だから『昔の加護ちゃん』は思い出にしまっておいてくださいね」と続け、「昔がいい昔がいいと言われると、切ないっす」(当該ツイートは削除済み)とこぼした。

加護はモーニング娘。黄金期を盛り上げたメンバーだっただけに、ファンもその頃の姿を追い求めてしまうのだろう。だが、Girls Beat!! はスタートしたばかり。昔と比べられるばかりでは、加護の気もめいってしまう?

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ