ここから本文です

タレント・梅宮アンナが7月28日に自身のブログで、イラストの無断転載について批判されたことを報告。批判者に異議を唱えた。

サムネイル



梅宮は7月27日、画像共有サイト・Instagramに"ネット上で見つけたイラスト"を投稿したところ、「無断転載ではないか」と指摘されてしまったらしい。

梅宮は、「画像引用って。まるで犯罪かの様な。。。『コレ私が描いた絵だよ!!』って言ったら罪ですが」と自身の転載行為は罪ではないと主張。どうやら梅宮は、自分が描いたものだとウソをつかない限り転載はセーフだという考えのよう。「時々、画像を他から引っ張って、自分の言葉と合体させて、皆にメッセージを贈る。。これは少し前からの私のやり方。。新しいメッセージ法です」としている。

批判から梅宮をかばうファンもいたそうで、「勇気ある行動に尊敬と感謝でした」と称賛。そのファンのInstagramアカウントをフォローしたことを明かした。

だが一方で、転載を指摘したInstagramユーザーはブロックしたという。「せっかく皆が書いてくれたポジティブなコメントを台無しにする行為だから。人に対し、失礼にあたる」と当該ユーザーを非難。さらに「『そんな意味で言ったわけじゃない』って言っても時は遅い」と今後謝罪があっても許さない考えを示した。

なお、画像の転載は、著作権法で定められている引用の要件を満たさない限り著作権者に無断で行うことは著作権侵害として禁止されている。梅宮が著作者に許可をとっているなら問題ないが、「『コレ私が描いた絵だよ!!』って言ったら罪」という認識は事実と少々違っているようだ。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ