ここから本文です

2004年まで活動した5人組ガールズバンドWhiteberry(ホワイトベリー)。解散後10年を経て、元ボーカルで現在はソロで活動している前田由紀が、今だから言える"あの曲"への思い、そして再結成について語った。

サムネイル

夏と聞いて思い浮かぶ曲というものがある。「夏祭り」もそのひとつ。オリジナルのJITTERIN'JINN(ジッタリン・ジン)によるそれではなく、Whiteberryバージョンを思い浮かべる人も多いだろう。1999年にメジャーデビューしたWhiteberryが2000年に発表した3枚目のシングルである同曲は、オリコン3位を記録するヒット。NHK紅白歌合戦に出場した際に歌われるなど、カバー曲ながらWhiteberryの代表曲となっている。

Whiteberry解散後も音楽活動を続けていた前田由紀だったが、その活動は、「夏祭り」への"愛憎に揺れた日々"でもあった。しかし昨年、「あなたの夏祭りで『夏祭り』を歌います!」と題し、積極的に同曲をひっさげてのキャンペーンを開始。そこにはどのような心境の変化があったのだろうか。

サムネイル

――この10年、別名義も含めソロでの活動をされてきましたが、Whiteberryの曲はやっていたのですか?

「ほとんどやりませんでした。特に『夏祭り』をリクエストされることが多かったのですが、『5人じゃないんで』とお断りしてたんです。ほかのメンバーもいないのに私だけで歌うのはおかしいでしょ、とずっと歌ってなかった。でも、去年、ふと『お祭りで歌いたいなあ』と思ったんですよね」

――お祭り?

「夏のお祭り会場とか、盆踊り大会のようなところで『夏祭り』をかけてくれてるのを耳にすることが多くて、そんなお祭りのカラオケ大会のようなノリで歌ったら喜ばれるんじゃないかなって。ゲーム『太鼓の達人』の演奏曲にもなっていたりするので、Whiteberryをリアルタイムで知らないはずの子供まで曲は知っていたりするんですよ。まだ『夏祭り』はみんなの中に残っているんだと感じたんです」

――最近になって曲の存在の大きさを実感するようになったんですね。それまでは複雑な思いもあったのでは?

「すごくいろいろな考えが巡っていました。解散して私が一人でさみしいのに、そんなこと言われても、と思ったし。『私だってやりたいわ!』って。あとは、"自分"で勝負したいのに、夏祭り夏祭り言われて、やっぱりそれなんだなって気持ちも正直ありました。だからといって、みんなが気を使って夏祭りをリクエストしないのも嫌だった。それが、『やっぱりこれだな』に変わった。今は本当に歌いたくて歌ってるし、私が守っていかなきゃとも思っています」

――ソロになった当初は、孤独を歌うことが多かったと聞いています。今はソロ曲の内容も変わってきた?

「そうですね。5人のときはひたすら楽しくて、一人になって作る曲は孤独な歌が多かった。今はまた楽しい曲が多くなった。心境も変わりましたね。その時期と、『夏祭り』をまた歌えるようになったのは重なります。人が喜んでくれることをやるというのは、自分もハッピーなんです」

――「夏祭り歌いますキャンペーン」ではどのようなところを訪れたのですか?

「いろいろなところに行きました。去年だけで30カ所以上はまわったんじゃないかな。最初はお祭り会場と言っていたんですが、もっと小さくて予算がないようなところにも行ったし、大きいところでは女性アーティストのみ出演の岐阜の関ヶ原フェスにも呼んでいただいたり。去年はカラオケと浴衣だけ持って一人で行ったりしていたのですが、今年はアコースティックの3ピースバンド編成でやることが多くなりました」

――先日、テレビ番組で前田さんがWhiteberry再結成を望んでいるとおっしゃっていたのを拝見しました。今年はメジャーデビュー15周年、解散から10年という節目の年でもあります。ファンとしても、再結成を期待する声は大きいのでは?

「今でもメンバーとはしょっちゅう会っていて、彼女たちも私のソロ活動を応援してくれています。でも音楽に携わっているのは私だけで、まったく別のことをしている子もいれば、子供を育ててる子もいる。東京で働いてる子もいれば、北海道の地元にいる子もいる。みんなそれぞれの生活があるから簡単なことではないんですね。でも私は『またやろう』って言い続けています。メンバーも私の気持ちをわかってるし、やれば楽しいのもわかってるから、揺れている。私はそれをわかった上で、引っ張って行きたい。みんなの気持ちはわかっているけど、私の本心は『いつか5人でやりたい』です」

――実現するといいですね。

「実は今年、集まれる人だけでも地元の北海道・北見に集まってとりあえず音を出そうかと思っているんです。解散して10年、これまで全員で演奏したことなんて1度もなかった。でもそれじゃあ何も始まらないから、とりあえず合わせることから始めようって。だから、単に帰省してみんなと会うだけじゃなく、スタジオに入ります!」

(取材・文/大木信景@HEW)
写真:トレンドニュース


■「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている"視線の先=考え、狙い、戦略"を一緒に見てみたい。


表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。 それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通して、"情報"にとどまらない「エンタメの真髄」に迫り、読者の皆様にお届けいたします。

【バックナンバー】
 ・<視線の先>高橋名人が会社設立、"代表取締役名人"に......「いずれ『冒険島』を作ります(笑)」
 ・<視線の先>「アニメにはニュース以上の真実がある」松澤千晶アナが語るアニメ観
 ・<視線の先>「江頭2:50になりたい」......美女が女芸人を目指す理由


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> 元Whiteberryボーカル 前田由紀が出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」


「元Whiteberryが『夏祭り』を熱唱」(00:03:07)



「元Whiteberryボーカルは今○○している」(00:02:25)


「ボーカルが語るWhiteberry解散の理由」(00:01:45)


 ※その他の出演番組>>

・Whiteberry当時の収入は?
・WhiteberryとZONE当時の仲は?
・元Whiteberryが語る当時のファン対応
・WhiteberryはZONEにCMを取られていた?
・元Whiteberryメンバーの現在と再結成は?

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ