ここから本文です

T.M.Revolutionこと歌手の西川貴教が8月6日、台湾でも"短パンキャラ"として知られていたことをTwitterで報告。驚いた旨をつづっている。

サムネイル



西川は同日、ソロコンサートのPRのため台湾を訪問。その際に現地メディアから「記者会見は半ズボンでお願いします」とリクエストされたことを明かした。日本ではCMやバラエティ番組などに短パン姿で登場することが多いため、西川=短パンというイメージが定着しているが、まさか台湾でも知られているとは思っていなかったよう。「ここでも?」と驚きの気持ちをツイートしている。

西川と短パンといえば、昨年3月より放送された「Wii カラオケ U」のテレビCMで、エアーバンド・ゴールデンボンバーの人気曲「女々しくて」を短パン姿で熱唱。ネット上では、「歌うまいけど短パンw」などの声が上がり、歌のクオリティと40代男性の短パン姿のギャップが話題になった。

また、自身でも短パンをネタにすることが多く、今年4月1日のエープリルフールにはTwitterに、「もう一生半ズボン履かね!」と投稿。「半ズボン履かない西川さんが想像できません......」「日本中誰もがうそだと分かるうそ発見w」などとファンからいじられていた。

そして今回、西川の短パンネタはついに海外進出を果たしたようだ。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ