ここから本文です

元AKB48の板野友美がタレント・小島瑠璃子とともに東京ディズニーランドに現れたら......? 小島が8月7日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、ファンに気づかれて即席の握手会となってしまったときの様子を明かしている。

サムネイル



番組では、匿名で届いた板野と小島の目撃情報が紹介された。

情報によると、ふたりは6月の末頃に東京ディズニーランドにいたという。アトラクションの前でもないのに行列ができていることを不審に思った目撃者が行列に目を向けたところ、列の先にはファンと順番に握手している板野。そして、板野とは対照的に一般人に気づかれることなく「はい、次の方どうぞ!」「握手はいいけど写真はダメですよ~」と列をテキパキとさばいている小島がいたそうだ。

お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功に、「情報は本当なの?」と尋ねられると小島は、「見られてたんですね」と恥ずかしがりながらも肯定。ふたりで遊びに出かけたところ、入園してすぐに板野だけが気づかれたと明かした。
しつこく板野を追ってくるファンを見て小島は、このままでは楽しめないと思ったそうで、ファンに「(板野に)握手してもらい?」と話しかけ、あえて握手を勧めたという。小島は、「追ってくる人たちに、『どうぞどうぞ。握手してくれるよ!』って話しかけて、(板野と)握手させてから『じゃあね~』ってお別れしました」と再現。ひとりだけ気づかれてしまう板野のサポートをしていたようだ。

「握手したらそれで終わるし、感じも悪くない! だからもうみんなハッピー!」と力説する小島だったが、浜田は「君もハッピーだったか? 君はハッピーじゃないやろ?」と、気づかれずに列さばきをしていた小島を心配。小島は、「でも10人にひとりくらいは『アレ?』って私のことも気づいてくださって、たまに私も握手させてもらったりしたし」と小さく握手するしぐさをしながら答えた。

入園してすぐに気づかれた板野とは対照的に10人にひとり程度しか気づかれなかったという小島。ショックを受けてもおかしくない状況も気にせず、明るく板野をサポートするとは、さすがこじるりといったところか。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ