ここから本文です

年をとっても美しい女性はステキですよね。なかには年をとればとるほど美しくなっていく女性もいます。女性芸能人のなかではどんな人が「いつまでも美しい憧れの人」なのでしょうか。
全国の男女1000人に、いつまでも美しい憧れのアラフォー女性芸能人を聞きました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル



Q. いつまでも美しいと思う憧れのアラフォー女性芸能人は誰ですか?

1位 永作博美......51票
2位 篠原涼子......37票
3位 松嶋菜々子......29票
4位 井川遥......22票
4位 藤原紀香......22票
6位 吉瀬美智子......21票
7位 米倉涼子......20票
8位 松雪泰子......16票
9位 安室奈美恵......14票
9位 深津絵里......14票

 今回はアラフォーを35歳から44歳として定義して集計。たくさんの人が候補に挙がり票が割れましたが、1位は永作博美さんという結果になりました。回答をした人は、どんなところに魅力を感じていたのでしょうか。トップから5人について具体的な理由を紹介します。

■1位:永作博美さん(43歳) >>

「かわいいのに大人の女性らしさも兼ね備えていて、無敵です」(30歳/女性)

「CMを見ても、40代には見えない」(25歳/男性)

「映画『人のセックスを笑うな』を見て、好きになりました。自然体なのにかわいらしさと色気が出ていました」(26歳/女性)


 40代には見えない天真爛漫(てんしんらんまん)な笑顔も人気の秘訣(ひけつ)?

■2位:篠原涼子さん(40歳) >>

「下着メーカーのCMで下着姿を見ましたが、子どもを2人産んでいるとは思えないすてきなプロポーション。出るところは出て、くびれもきれい」(27歳/女性)

「おバカキャラの時期もありましたが、それを覆すほどの女の色気を見せてくれる姿はとてもすてきです。子どもが2人もいて、喜んで子どもの話をする旦那さんがいるのもすてき。全てにおいて憧れます」(29歳/女性)

「ドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ)や『黄金の豚』(日テレ)、『ハケンの品格』(日テレ)など、一癖ある女性を演じるその姿がとても好きです」(24歳/女性)


 圧倒的に女性から人気を集めた篠原涼子さん。上記の他にも「いきいきしている」「明るい」といった声が上がっていました。

■3位:松嶋菜々子さん(40歳) >>

「美しすぎる! ドラマ『GTO』(フジテレビ)の時から全然変わらない! 肌がきれい!」(24歳/女性)

「昔からきれいだけれど、ドラマ『ラッキーセブン』(フジテレビ)などで見て、最近の方がよりきれいだと感じました」(31歳/女性)

「子どもを2人出産しても、昔と変わらないスタイルを維持し続けているから」(24歳/女性)


 篠原涼子さんと同じく女性の人気を集めた松嶋菜々子さん。ドラマ『家政婦のミタ』(日テレ)で再び美しさに気づいた人も多かったようです。

■4位:井川遥さん(38歳) >>

「ドラマ『ガラスの家』(NHK)に出演されていたのを見て、肌の透けるような美しさに惚(ほ)れました」(35歳/女性)

「年を取るごとにきれいになっていくように思います」(29歳/女性)

「サプリメントやウィスキーのCMも雑誌での活躍もすべて見ています。すべて好きです」(33歳/女性)


 篠原涼子さん、松嶋菜々子さん同様、子どもが2人いるお母さんでもある井川遥さん。年をとるごとにきれいになるという声が複数上がっていました。

■4位:藤原紀香さん(43歳) >>

「1995年の映画『花より男子』に出演していたときからほとんど変わっていないように見えます」(32歳/男性)

「お肌や体のラインなど、すべてにおいてすてきです」(25歳/女性)

「いくつになっても年齢を感じさせない人。プロポーションが最高です」(28歳/女性)


 藤原紀香さんといえば、著書『紀香バディ!』(講談社)も出されたように、美しいプロポーションが有名。藤原紀香さんを選んだ理由として、プロポーションを挙げる人がたくさんいました。


5人の女性たちを支持する声をみると、スタイルの維持やかわいらしさを失わないところは、すてきなアラフォー女性芸能人に共通する点であるようです。いつまでもキラキラと活躍する姿を見せていただきたいものですね。

(イエデカク+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年7月15日~7月16日
対象:全国の20~39歳までの男性500人、女性500人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ