ここから本文です

各界で華やかに活躍している有名人たち。自分とは遠い世界の人と思っていても、同郷だと知ると身近に感じられるものです。自分と同じ地元出身の有名人の中で、最も誇らしいと思う人は誰なのでしょうか。 全国の男女1,000人にアンケートをしました。(クロス・マーケティング調べ)

サムネイル

■俳優部門

「北海道の大泉洋さん。全国区になってもおごっていないあの雰囲気は自慢です」(36歳/北海道・女性)

篠原涼子さん。ドラマで主役を演じたり、いくつになっても美しい。群馬には何もないと言われるけど、篠原涼子さんが出身ということは誇れる」(31歳/群馬県・女性)

渡辺謙さん。病気を乗り越え、世界でがんばっている姿は県民の誇りです」(24歳/新潟県・男性)

要潤さん。香川県の知名度向上に貢献した」(25歳/香川県・男性)

福山雅治さん。歌や演技、写真、トークなどたくさんの才能があり、老若男女に愛されている。トークでは、ちょくちょく長崎のことを話していて、地元愛にも溢(あふ)れている」(36歳/長崎県・女性)

 ほかにも、「フーテンの寅さん。彼がいなかったら葛飾区はとっくに行き詰まっていると思う」(25歳/東京都・男性)という回答も。映画の中のキャラクターとはいえ、地元の人々にとっては大きな存在なんですね。

■タレント・お笑い芸人部門

「神奈川県の柳沢慎吾さん。老若男女問わず、たくさんの人から愛されてるのを感じます。また、彼のお父さん、お母さんもすごく楽しくて、柳沢慎吾さんの人柄の良さの理由が分かる気がします」(27歳/神奈川県・女性)

「広島県出身の有吉弘行さん。一度は出なくなったけど、再びブレイクして多くのレギュラー番組を抱える売れっ子になったところが誇らしい」(29歳/広島県・男性)

「福岡県といえばタモリさん。長寿番組を続けたし、趣味が多くて物知りだから」(33歳/福岡県・男性)

「佐賀県出身の江頭2:50。あの芸風は誰にも真似できない」(33歳/佐賀県・女性)

 「ふなっしー。非公認にもめげずにあれだけ有名になったのがすごい」(38歳/千葉県・女性)と、名物ゆるキャラを挙げた人も。

■スポーツ

「石川県の松井秀喜選手。野球でしっかりと実績を残し、国民栄誉賞を受賞したから」(26歳/石川県・女性)

「愛知県出身のイチロー選手。大リーグの舞台で常に第一線で活躍している」(25歳/愛知県・男性)

「宮城県の羽生結弦選手。まだ10代なのに言葉遣いもうまく自分の意思もしっかり持っていて、金メダルをとったときは感動しました」(27歳/宮城県・女性)

「サッカーの長谷部誠選手。世界で戦っている静岡の星!」(26歳/静岡県・男性)

「兵庫県のF1レーサー・小林可夢偉選手。世界的に有名であり、日本を代表するレーサーだから」(35歳/兵庫県・男性)

 国内のみならず、世界を股にかけ活躍する姿勢に、勇気づけられるという意見が多数。ほかにも千葉県出身の長嶋茂雄さんや山梨県出身の中田英寿さんなどのように、すでに一線から退いている選手の名前もちらほら。その功績は長く心に刻まれているようです。

■文化人

「青森県の奈良美智さん。世界的に活躍されていて、作品がとてもすてきだから」(25歳/青森県・女性)

荒木飛呂彦さん。『ジョジョの奇妙な冒険』では仙台を舞台にしてくれた」(20歳/宮城県・男性)

「埼玉県出身の若田光一さん。宇宙へ行っているので」(37歳/埼玉県・女性)

「熊本県出身の尾田栄一郎さん。世界的に人気の漫画『ワンピース』を生み出した人だから」(26歳/熊本県・女性)

「島根県出身だと森鴎外。有名な文豪で数多くの代表作があるため」(28歳/島根県・男性)

 漫画家、アーティスト、そして宇宙飛行士まで多彩な顔ぶれがそろいました。なかには「宮本武蔵」(28歳/岡山県・男性)を挙げた歴史好きな人も。偉人を郷土の誇りと考える人も多いようです。

■ミュージシャン

「岩手県の大瀧詠一さん。亡くなられた後で同郷と知った。名曲をたくさん作ってくださいました」(34歳/岩手県・女性)

サザンオールスターズ。神奈川県出身で最も偉大なアーティストだと思う」(27歳/神奈川県・女性)

堂本剛さん。奈良を愛して奈良に関する歌を歌っている」(30歳/奈良県・女性)

西野カナさん。同世代で、曲も好きだから。方言で話をするところも好き」(27歳/三重県・女性)

「大分県の指原莉乃さん。どん底を経験したのに、総選挙1位になったところ」(20歳/大分県・男性)

「鹿児島県の長渕剛さん。自分の信念を曲げずに生きてるから。桜島ライブにも感動!」(36歳/鹿児島県・男性)

 カールスモーキー石井さん(茨城県出身)、「B'z」の稲葉浩志さん(岡山県出身)の名前も挙がるなど、活動歴の長い方ほど地元での認知度は高いよう。世代を超えて愛されているのも、ミュージシャンならではの魅力でしょうか。


全体的に、故郷をPRしていたり、方言を使っていたりなど、"郷土愛"が強い有名人ほど、地元民からの人気が高い傾向にあるようです。有名になってもふるさとを愛する姿勢を見せられたら、ついつい身近に感じて応援したくなりますよね!

(板橋不死子+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年7月15日~7月16日
対象:全国の20~39歳までの男女1000人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ