ここから本文です

タレント・テリー伊藤が8月15日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、自身の「キモイ」発言に対して大阪維新の会の山本景大阪府議から放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害ではないかとの申し立てをされた件についてコメントした。

サムネイル

BPOに申し立てをおこなった山本景大阪府議(公式ブログより)


山本府議は、無料通信アプリ・LINEを通じてトラブルとなった女子中学生らに「絶対に許さない」など威圧するようなメッセージを送ったことで問題に。「スッキリ!!」8月11日放送回で一連の騒ぎが取り上げられた際、テリーは、「こいつキモイ」などと発言していた。

翌12日、山本府議は自身のブログで、テリーの「キモイ」発言についてBPOに人権侵害ではないかと申し立てしたことを報告。14日に開いた会見では、「全人格を否定するような発言が許されていいのか」と訴えていた。

15日、番組内でこの件へのコメントを求められたテリーは、「あまり答えると、また山本議員に怒られる感じがするんだよね」と苦笑。「同じ土俵に上がっても実りもない感じがします」と痛烈な一言を浴びせた。

テリーは、芸能人である自分も政治家である山本府議も公の場に立つという意味では同じだと語る。そのうえで、「とやかく言われようが、僕は覚悟のもとでしゃべっているんです。公職にいるならそのぐらいの覚悟をもっていてもいいんじゃないか」と疑問を投げかけた。

また、「キモイ」発言については、全人格を否定したわけではなく、あくまでLINE上での大人気ない行為のみを指しての感想だと説明。「『キモイ』って言った中学生の気持ちはよくわかるって感じで言ったんです」と補足している。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ