ここから本文です

タレント・鈴木奈々が8月13日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、自分は大物になにを言っても許されると豪語。鈴木だからこそ許された(?)大物との仰天エピソードを披露した。

サムネイル



同番組では13日、「ムダに明るい人たちSP」として、鈴木はじめ明るい性格の芸能人たちが集結。性格が明るくてよかったことについて尋ねられた鈴木は、「大物になにを言っても許される」と笑顔で答えた。

鈴木はなんとビートたけしがタップダンスを踊っているところに「おじいちゃん頑張ってるね」と声をかけた経験があるという。芸能界の重鎮になんてことを......。だが、おとがめなしだったそうで、「まったく怒られないんですよね。結構なに言ってもあり」と笑っていた。

さらに、自民党の石破茂幹事長とのエピソードも披露。「最近私、旦那さんの夜が雑なので、それを相談させていただいたんですよ」と石破幹事長相手に性生活の相談を持ちかけたことを告白。石破幹事長は鈴木の悩みを真剣に受け止めて、「お互いの努力が必要だ」とアドバイスしてくれたそうだ。

芸能界や政界の大物を前にしてもいたって自然体の鈴木。おバカキャラ・鈴木に怖いものはないのかも!?

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ