ここから本文です

マネジャーへの暴行容疑がかけられている演歌歌手・氷川きよしの所属事務所が8月19日、公式サイトにて氷川の容疑を否定した。

サムネイル



氷川は4月に当時マネジャーだった男性に対して暴力行為を行った疑いがあるとして、警視庁が暴行容疑で書類送検する方針を固めたと報道されている。一方、被害男性も暴行の口止め料を氷川の所属事務所に要求した恐喝未遂容疑で書類送検される方針だという。

だが、所属事務所は公式サイトで、「元社員による恐喝未遂容疑ともども、この件については捜査機関に真相をすべてご説明し、暴行の事実はございません」と一切の容疑を否定。続けて、ファンをはじめとする関係者らに心配をかけたことを謝罪している。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ