ここから本文です

集英社スーパーダッシュ文庫編集部が8月18日、不適切発言を公式サイトで謝罪。同編集部は8月15日~17日に行われたコミックマーケット86(以下、コミケ)で美少女イラスト入りの瞬間冷却剤を配布した際、スタッフのひとりが同アイテムを「殴ると冷たくなる美少女」とTwitterで紹介して物議をかもしていた。

サムネイル



スーパーダッシュ文庫編集部は、11月21日に創刊する新レーベル・ダッシュエックス文庫のプロモーションも兼ね、美少女イラストが描かれた瞬間冷却剤をコミケで無料配布。これがたたくと冷たくなる仕組みだったことから、ある編集部員が「殴ると冷たくなる美少女(瞬間冷却材)配布しております!」と自身のTwitterで宣伝したところ、当該ツイートが議論の的となってしまった。

"美少女を殴って殺す"という意味にもとれるこの表現にネット上では、

「すさまじく悪趣味」
「そのフレーズ付けたらどう伝わるか考えなかったのかな」
「公的な企業が半道徳的な行為に乗っかってしまってはイカンだろう」

といった批判の声が噴出。あくまでネタだという反論もあったものの、「冗談だったらなんでも許されるわけではない」という意見もあり、騒ぎはさらに広がっていった。

そして、8月18日、スーパーダッシュ文庫編集部は公式サイトで、当該ツイートを削除したと報告。経緯を改めて説明したうえで、「このツイートによりご不快な思いをされた皆様に、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ