ここから本文です

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公・碇シンジ役で知られる声優の緒方恵美が8月19日に自身のTwitterで、店員に自身の来店情報をTwitterに投稿されていたことを明かした。

サムネイル



緒方は、「『うちの店で緒方さんが買い物して、~』という某眼鏡店店員さんの呟きを、フォロワーの方に教えてもらって見た」と報告し、その店にも心当たりがある模様。幸い店側に個人情報は伝えていなかったそうで、「過去の自分GJ(Good Job)」と安堵(あんど)したうえで「二度と行かない」と宣言している。

問題の眼鏡販売店では商品の受け渡しに連絡先といった個人情報が必要だとかなり食い下がられたものの、それなら商品自体いらないと伝えたことで情報を渡さずに済んだという。
「店側が連絡先といった情報を求める事情はわかる」と前置きしたうえで、それほど必要を感じない場合にしつこく求められるのには不信感を抱くと吐露。「その記憶が残っている中で、私が来たと呟かれたから、もしここに情報を残してたらと怖くなった」とつづっている。

緒方は日頃から個人情報の扱いには注意を払っているそうで、「『情報を教えなければならない』ことと『その商品が欲しい』ことはいつも天秤(てんびん)にかけていて、、、それでも欲しいもの(サービス)なら教えても買うけど、そうでなければ『あっさり商品を諦める』ことを選びます」と自身のスタンスについて説明する。

「今回はそれ(自分の警戒心)に救われたなあという安堵と共に、それを呟くことで、少しでも何かになれたらと思いました」とコメントし、「みんなも気をつけてね」と注意を呼びかけた。

緒方は、「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公・碇シンジ役をはじめ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの天王はるか/セーラーウラヌス役や「幽☆遊☆白書」の蔵馬役などを務めた声優。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ