ここから本文です

AKB48・川栄李奈が8月20日深夜に放送されたラジオ番組「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、コンサートでの衣装に書かれた"17"の数字に込めた意味について明かした。

サムネイル



同番組では、8月18日~20日に東京ドームで行われたAKB48グループコンサートの感想をリスナーから募集。そのなかで、「みなさんの衣装に書いてあった番号は、どういう意味ですか?」という質問が寄せられた。

コンサートの一部でメンバーたちは、例えば渡辺麻友は"1"、小嶋陽菜は"22" など、それぞれ異なる数字の書かれた衣装を着て登場した。ファンたちは、「渡辺麻友は『第6回AKB48選抜総選挙』で1位を獲得した」、「小嶋陽菜はあだ名が"にゃんにゃん"」などひとりひとりの数字の由来を想像して盛り上がっている。

これらの数字については、スタッフから事前に「衣装に番号を入れるので好きな数字とその理由を教えてください」と聞かれていたそう。川栄は"17"を選んだ理由に、現在ケガでリハビリ中の入山杏奈が大きく関わっていることを明かした。

はじめ川栄は、マネジャーに「あんにん(入山の愛称)がコンサートに出れないから、あんにんの誕生日の12月3日からとって"123"を入れたいです」と伝えたという。だが、2文字でないとダメだと断られてしまい、その後も入山と絡めた数字を懸命に考えていた。すると、マネジャーが「じゃあ入山の"1"(い)と、杏奈の"7"(な)で、"17"っていうのはどうですか?」と提案してきた。

正直なところ、「ん? ピンと来ねぇ......」と感じたという川栄だが、結局"17"に決定。川栄の衣装の"17"には、入山を思う優しい心が込められていたようだ。

川栄と入山は、5月に行われたAKB48握手会で刃物を持った男の襲撃を受けて負傷。川栄は6月に復帰を果たしたが、入山は現在も療養中。同公演では8月18日、1曲のみ参加した。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ