ここから本文です

人生の中でも大きなイベントとなる結婚式。その喜ばしいシーンに参加できることはとてもうれしいですよね。でも、引き出物が自分にとっていらないものだったら...? 正直「いらない......」と思った結婚式の引き出物を聞いてみました。

サムネイル

■皿・ティーカップなどの陶器類
「持って帰るときは重たいし、割れないようにと思って気を使うから」(30歳/男性)

「趣味じゃないデザインや食器棚に並べにくいサイズのものだと迷惑。必要なものはすでにそろっているし、無駄に増えて困る」(29歳/女性)

「一人暮らしなのに5客セットをもらっても使わない」(25歳/女性)

 陶器類は定番のアイテムですが、重さや扱い方などに気を使いますね。特に個性的なデザインだと、各家庭になじまず困りそうです。

■ランクの低いカタログギフト
「ランクが低いものは欲しいものが掲載されていないので。たまに『これだけいろんな商品があるのに、一つも欲しいものがない!』とびっくりする」(28歳/女性)

 少しでも欲しいものがあるように、珍しいカタログを探すか、食料品なども豊富なカタログにしたいですね。

■新郎新婦の思い出をまとめたDVD
「興味ないし、もし二人が別れちゃったらこのDVDは気まずい。捨てにくい分どうしようもない」(31歳/女性)

 新郎新婦にとっては大切な思い出をまとめたDVDも、ほかの方からすると迷惑になってしまいます。二人の思い出は二人だけで楽しむのがいいですね。

■ボディークリームや入浴剤
「普段から使わないし、使おうにも匂いが強くて使えない。すぐに会社の同僚にあげました」(28歳/男性)

「アトピーだから肌に合うかどうか心配」(26歳/女性)

 直接肌に触れるものは、人によって合う合わないがでやすいものです。肌トラブルの原因になることもあるので、敏感肌な方でも使えるものを選んだ方がいいかもしれません。

■ぬいぐるみや人形
「若い女性だったらいいけれど、中年世代や男性には向かない」(31歳/男性)

 かわいらしいぬいぐるみも、人によっては「ちょっと......」と思ってしまうことも。特に人形は捨てにくいし、保管にも困ってしまいそう。

■置き時計
「すでに持っているし、家のインテリアとの統一感がないものはいらない。シンプルなデザインだったけれど、部屋との違和感がどうしてもでてしまうので」(28歳/女性)

 インテリア関係は特に好みがでるもの。部屋の雰囲気に合わなかった場合は、押し入れの肥やしになってしまいますね。


よく考えて選ばれた品物でも、もらう側にとっては『いらないなぁ』と思われてしまう可能性がある引き出物。それぞれの好みや年代に分けて選ぶと、喜ばれるかもしれませんね。

(神之れい+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ