ここから本文です

ずっと日本に住んでいると、日本のいいところを見失いがち。改めて他の国と比較してみると「やっぱり日本っていいなぁ」と思える瞬間があるはずです。20~30代の男女に「日本に住んでて良かったな」と再認識した瞬間を聞きました。

サムネイル

■食べ物が安全なこと
「卵かけごはんが食べられること」(35歳/男性)

 日本は食の安全に対する意識が高いことから、生玉子や刺し身など、生で食べることができる新鮮な食べ物が多いと言われます。おいしいものを心配なく食べることができるのは日本の誇りですね。

■お風呂に入れること
「温泉やバスタブにつかってゆったりと過ごす瞬間。特に海外旅行から戻ったときに実感する」(33歳/女性)

 やっぱりお風呂は日本の文化。海外でシャワーばかりの生活だと「なかなか疲れが取れない」という日本人は少なくないはず。

■四季があること
「四季折々の花や気候を楽しめること。特に桜の季節は『日本人でよかった』と思える」(30歳/女性)

 常夏の国に長く住んだ経験を持つ日本人の方から多く挙がった意見です。季節ごとに異なる景色を楽しむことができるのは日本ならではの魅力ですね。

■独自の文化があること
「『和食』や『わびさび』といった文化は日本独自で、日本のそんな文化に惹(ひ)かれる海外の方も多い。そういう文化がある国に生まれてよかったと思う」(32歳/男性)

 「和食」は最近ユネスコ無形文化遺産にも登録されたことで、改めて注目を集めています。「外国人に日本文化を評価されたときにうれしく思う」という声も。

■おもてなしの精神
「『おもてなし』が行き届いていること。特にホテルや旅館、レストランなどで行き届いたサービスを実感する」(36歳/女性)

 東京オリンピック招致でも話題になった「おもてなし」。日本人らしいサービス精神を最も表現している言葉かもしれませんね。

■時間に正確なこと
「電車やバスが時刻通りに来ること。『30分遅延することは当たり前』みたいな国と比べると、日本の交通機関は優秀だなと思う」(32歳/男性)

 日本人にとっては当然のことかもしれませんが、時間に正確なのに驚く外国人も少なくありません。日本人の真面目さと誠実さが表れている例かもしれませんね。

■おしゃれなこと
「日本人はおしゃれでセンスがいいこと。男の人もおしゃれな人が多い」(24歳/女性)

 原宿系やギャル系、コンサバ系など、さまざまなファッションジャンルがあることも日本の特徴かもしれません。


海外にもうらやましい文化はたくさんありますが、それはきっと日本でも同じこと。日本という国の良さをもっと実感して、もっとこの国を好きになりたいですね。

(大井あゆみ+ブレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ