ここから本文です

草食男子が多いと言われる一方で、「肉食系女子」や「猛禽(もうきん)系女子」など、恋愛ハンターな女性も増えているよう。恋愛ハンターな20~30代の女性たちに「この男の人のこと落とせるな」と、手ごたえを感じた瞬間について聞きました。

サムネイル

■二人だけに分かるアイコンタクト
「目が合ったあと、そのままじっと見つめていたら相手も目を逸らさなかったとき」(28歳/IT)

 このとき二人の間には妙な空気が流れるそう。もし気になってなかったとしても、「もしかして俺のこと気になっている?」とその後ずっと意識してしまいそうです。

■話題に乗ってきたとき
「映画の話しをしたら『じゃあ一緒に行こうよ』と誘ってきたとき」(27歳/医療)

 彼女は、彼が誘ってくれることを視野に入れて映画の話を振るそう。彼は彼女の作戦にまんまとかかっていることもつゆ知らず......。

■みんなの前でも隠れてアピール
「飲み会で、みんなに隠れて手を握ったら、避けずに飲み会終わりまで手をつないでいてくれたとき」(30歳/出版)

 なんて大胆な......! みんなが目の前にいるのに隠れてなんて、スリルもあいまって彼もドキドキしたでしょうね。

■ボディタッチも計算のうち
「ボディタッチをしたら、相手もボディタッチを返してきたとき」(32歳/IT)

 相手から反応がかえってくると手応えを感じますよね。

■すんなり次に会う約束をしてくれる
「『また飲みにいきましょう』という社交辞令にも返事が早く、さらに都合のいい日にちもちゃんと送ってくれたとき」(26歳/小売り)

 あまり気のない相手だと「また連絡するね」や「機会があれば」など、遠回しに断りますもんね。

■なんでもわがままを聞いてくれる
「『しょーがないなー』と言いつつも、わがままを毎回聞いてくれる」(29歳/モデル)

 女性の甘え声の裏は、結構計算高い考え方であふれているかも......。


女性だって「今日はこの人を落とせるか」と、肉食的な一面を隠しもっているもの。その合図をキャッチするか、スルーするか、彼女との今後はあなたの采配次第かもしれませんよ。

(テラオカヒトミ+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ