ここから本文です

子どもの成長は早いもの。テレビ業界においても、ついこの前までかわいい子役女優だと思っていた子があっという間に大人の女性になっていることもあります。そんな元子役女優のなかには「美しく成長したなぁ」と驚いてしまう人もいます。
全国の男女1000人に、美人になったと思う元子役女優について聞きました。(株式会社クロス・マーケティング調べ)

サムネイル



Q. 成長して美人になったと思う元子役は誰ですか?

1位:安達祐実さん 27.3%
2位:井上真央さん 26%
3位:志田未来さん 10.4%
4位:上戸彩さん 2.7%
5位:宮﨑あおいさん 1.9%
6位:エマ・ワトソンさん 1.6%
7位:石原さとみさん 1.4%
8位:夏帆さん 1.1%
9位:美山加恋さん 0.8%
9位:成海璃子さん 0.8%

 トップは安達祐実さん、僅差で井上真央さんという結果になりました。回答した皆さんは、どんなときにその女優を「かわいい子役から美人な女優になった」と感じたのでしょうか。トップ5の回答を紹介します。

■1位:安達祐実さん >>

「最近出した写真集を見て、美人になったと感じた」(37歳/女性)

「『特命係長 只野仁 4thシーズン』(テレビ朝日系)を見て、セクシーだと思った」(32歳/女性)

「久しぶりにブログで見たら、雰囲気はまったく変わらず、かわいいままだった」(29歳/女性)

 ドラマ「家なき子」(日本テレビ系)の「同情するなら金をくれ!」というせりふを覚えている方も多いのでは。「童顔だけれど美人」「かわいいまま色っぽくなった」という声が多数寄せられました。

■2位:井上真央さん >>

「映画『永遠の0』で岡田准一の妻の役を上手に演じていた。化粧をしない役柄なのにとてもきれいだった」(39歳/男性)

「『キッズ・ウォー』(TBS系)のときは生意気そうな感じだったが、『花より男子』(TBS系)では、すごく魅力的になっていた」(32歳/女性)

「昔もかわいかったけれど、今はかわいさを残したままきれいになった。大正製薬リポビタンファインのCMで美人になったと感じた」(37歳/女性)

 「キッズ・ウォー」(TBS系)出演時と「花より男子」(TBS系)出演時の印象の違いに驚いた方も多かったです。今では妻役まで演じているとは......女性の成長は早いものですね。

■3位:志田未来さん >>

「『女王の教室』(日本テレビ系)で初めて見たが、成長した姿をバラエティ番組などで見てきれいだと思った」(21歳/男性)

「プロアクティブのCMを見て、きれいになったと感じた」(25歳/男性)

「『14歳の母』(日本テレビ系)のころと比べると、大人の女性になったなと思う」(25歳/女性)

 「14歳の母」(日本テレビ系)で主役を演じ、13歳で第15回橋田賞新人賞を受賞した志田未来さんも今や21歳。「演技力もあってかわいい」という好意的なコメントが多数寄せられていました。

■4位:上戸彩さん >>

「とにかくきれい」(29歳/女性)

「子役だったのに結婚して、不倫ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)まで出ているなんてびっくり」(36歳/女性)

「『3年B組金八先生』(TBS系)のころから比べると本当に美人になった」(36歳/男性)

 1999年にデビュー後、女優賞だけではなくベストドレッサー賞やネイルクイーン賞を受賞したり、キャスターや司会を務めたりと幅広く活躍中の上戸さん。年々その美しさに磨きがかかっているような気さえしますよね。

■4位:宮﨑あおいさん >>

「ユニリーバシャンプーのCMでイメージが変わって美人になったと思った」(36歳/女性)

「NHK大河ドラマ『篤姫』など、とにかく凛(りん)とした顔が美人」(29歳/女性)

「映画『NANA』を見て美人だと思った」(39歳/男性)

 4歳のころから子役で活躍していた宮﨑あおいさん。数々の女優賞を受賞し、演技派としても有名です。かわいらしさと凛(りん)とした美しさが同居していることから、女性票も多く獲得していました。

挙げられた元子役の女優さんたちは総じて「かわいい」という評価と「美しい」という評価を併せ持っている方ばかり。今後どうやって年を経ていくのか、活躍を見守り続けたいですね。

(イエデカク+プレスラボ)

【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ 株式会社クロス・マーケティング調べ
期間:2014年8月12日~8月13日
対象:全国の20~39歳までの男性500人、女性500人

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ