ここから本文です

お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、8月26日深夜放送のラジオ番組「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)にて、復帰から3年たってようやく仕事のオファーが増えてきたことを明かした。

サムネイル



同番組にゲストとして出演した柴田は、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光から「最近忙しいの?」と問われると、「ほんのちょっとだけ忙しくなってきた。ちょこちょこテレビに出られるようになってきた」と明るく返答。「でもモザイク入ってんだろ?」とイジる太田に対して、「入ってねぇよ、バカ野郎」とキレよくツッコんだ。

柴田は、女性問題などを理由に、2010年1月より1年間にわたり休業していた。相方の山崎弘也がピンで躍進するなか、復帰しても苦境に立たされていた柴田は、「今まで、『バカ野郎』って言ったら、『お前の方がよっぽどバカ野郎だろ』って言われてた」と、思うようにトークを進めることができなかった3年間を振り返る。「やっぱり月日ですよね」と時間が解決してくれたことをしみじみ語った。

最近では「ナカイの窓」(日本テレビ系)のゲストMCの座を勝ち取ったり、「イチオシ大予想TV『馬キュン!』」(BSフジ)や「行きたがリーノ」(テレビ新広島)でレギュラーを務めるなど、徐々に露出を増やしてきている柴田。この調子が続けば、山崎に負けず劣らずの活躍を見せる日も夢ではないかもしれない。

(文/青山美乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ