ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインが8月28日深夜放送のラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、同番組が9月いっぱいで終了する理由をついに明かした。加えて、同番組の終了にあたってニッポン放送を非難していたお笑いコンビ・爆笑問題の太田光に謝罪した。

サムネイル



ナインティナインのふたりは8月22日深夜放送回で、20年間続けてきた同番組が9月25日をもって終了すると発表。この時点ではまだ終了の理由は伏せられていた。
その後太田が、8月26日深夜に放送されたラジオ番組「JUNK 爆笑問題 カーボーイ」(TBSラジオ)で、「ナインティナインのオールナイトニッポン」は局から打ち切りにあったのではないかと憶測。「芸人切るようになったらもうダメだ」とニッポン放送を批判していた。

だが、28日深夜放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」で、矢部浩之が、終了は自らの意志によるものであると説明。相方の岡村隆史が約5カ月の休養期間を終えて番組に復帰したときからゴールにたどり着いたような達成感を抱いていたこと、そのうえで番組が1000回放送や20周年の節目を迎えて背中を押されたことなどを理由に挙げた。

矢部は、「ニッポン放送さんはもちろん、岡村さん、スタッフの皆さんも終わらせたいなんて一切思ってないんです」と念押しする。そして、岡村は、太田の発言に触れ「芸人愛が強い方なんでね、『アイツらがそんなん言い出すはずがない』っていう太田さんの熱い思いが裏目に出てしまって。太田さんには本当に申し訳ない」と語る。勘違いさせてしまったことをふたりでわびた。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ