ここから本文です

フジテレビの内田嶺衣奈アナウンサーが9月1日に放送された「FNNスーパーニュース」(フジテレビ系)で、簡単な漢字を読み間違えるという恥ずかしいミスをしてしまった。

サムネイル



内田アナは、大相撲元小結でタレントの龍虎さんが亡くなったというニュースの冒頭で、「続いては『けいほう』です」と発言。どうやら「訃報」を「けいほう」と読み間違えてしまったようだ。その後、ミスを指摘されたのか、照れ笑いを浮かべながら「失礼いたしました」と謝罪。「『ふほう』です」と言い直した。

内田アナは2013年にフジテレビに入社。以前は女優の蒼井優らが所属する芸能事務所「イトーカンパニー」で芸能活動を行っており、アイドルとしても活動していた。ちなみに、フジテレビ公式サイトの内田アナの紹介ページには、特技・資格の欄に「漢字検定2級、日本語検定3級」と記載されている。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ