ここから本文です

お笑いタレント・千原ジュニアが9月2日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)で、グラビアアイドルのおのののか篠崎愛を「なめてる」と叱った。

サムネイル

おのと篠崎が持ってきた料理
おのののか公式Twitterより


同番組9月2日放送回では、おのと篠崎がそれぞれ手料理を持ってくることになっていた。だが、出てきた料理を見てジュニアはあぜん。おのが持ってきたのは、電子レンジで温めたとうもろこしとマスカット、篠崎が持ってきたのは、焼き肉をのせたご飯で、どちらもごくごく簡単なメニュー。

ふたりの言い分としては、「ほかの仕事もあって時間がなかった」「暑い時期なので、腐ったら困ると思った」「持ってこないよりは......」ということだったが、ジュニアは納得できず「そんなに番組辞めたいの?」と厳しい言葉。
「正直代わりはなんぼでもおるから、いつでも入れ替わっていただいていいんですけど」「これやったらないほうがええわ」と語り、ついには「このまま持って帰ってください」。

さらに、「ほかの女性タレントは、ひとつの仕事にもっとちゃんと取り組んでいる」と追い打ちをかける。「逆に気合い入りすぎくらいの子が多いなか、こんなに関西のラジオをなめくさってる。もっと言うたら、何年もやってるわれわれ芸人のなめくさられ方」とあきれ、ほかの番組や芸人相手だったら違う態度をとっていたのではないかと疑問を投げかけた。

冗談交じりの注意をはじめは笑って聞いていたおのと篠崎も次第に落ち込み気味に......。「なめてないです」「(相手や現場を)選んでないです」と弁解するものの、さすがに分が悪いようだった。

「『気持ちとしては持ってきてくれたんだね』ともっと喜んでくれるかと思った」と思いがけない結末にすっかりシュンとしてしまったふたり。結局それぞれのお弁当を交換して食べることになったが、おのは、「おいしくない......。筋張ってるし味がしない」、篠崎は、「......コーンですね」とお互い微妙なコメントで笑いを誘った。

(文/原田美紗@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ